スポンサーリンク

「警告」と「警報」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「警告」と「警報」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「警告」「警報」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「警告」とは?

「警告」には2つの意味があります。

一つは、悪いことが起こらないように、あらかじめ知らせることです。

口で伝えることも、文書で伝えることも含みます。

険しい山道を車で走行していたとします。

この道には、崖が崩れそうなところがあります。

もしも崖が崩れてきたら、車ごと下敷きになってしまい、命が危険にさらされる可能性があります。

悪い事態が起こる可能性があるのです。

そのことは、道路標識が知らせてくれます。

「落石注意」などの標識です。

この標識が行っていることが「警告」が意味するものです。

この場合だと、崖が崩れて誰かがつぶされてしまう前に、あらかじめ知らせてくれています。

もう一つの意味は、柔道の反則で技ありと同等になるものです。

「警告」の使い方

あらかじめ告げ知らせるという意味で使用をします。

なぜ告げ知らせるのかというと、悪いことが起こらないようにです。

悪いことが起こらないように、という目的以外で告げ知らせることには使用しません。

「警報」とは?

災害や危険が近づいていることを人々に注意したり、準備を促したりするものです。

また、その知らせです。

天気はある程度予想できます。

あと何時間すると大雨が降りそうだということも予想可能です。

あらかじめ危険がやってくることがわかっていれば、それについて注意をしたり、準備をしたりすることができます。

たとえば、大雨の場合だと、安全な場所に避難をする、土嚢を積むなど、何かできることがあります。

しかし、誰でもが天気を予想できるわけではありません。

そこで、気象庁などが天気を予想し、それにもとづいて危険だと判断されれば「警報」が出されます。

これは、災害・危険が近づいていると人々に注意をし、逃げるなど災害・危険への準備を促すためのものです。

「警報」の使い方

災害や危険が近づいているときに使用される言葉です。

AさんがBさんに伝えるなど個人的なことではなく、「災害警報」「警報器」など、公の立場から伝えることや、多くの人に伝えることに使用されます。

「警告」と「警報」の違い

注意をするという点で意味が似ているのですが、同じことではありません。

前者は、悪いことが起こりそうだと告げ知らせることです。

あらかじめ注意することを意味しています。

後者は、災害や危険について使用する言葉です。

これらが近づいていることを伝えて、注意をしたり、準備をしたり促すことをいいます。

「警告」の例文

・『何度も警告をする』
・『警告灯がついている』
・『専門家が警告をする』
・『以前から警告されていたことだ』

「警報」の例文

・『警報が発令された』
・『警報器が鳴っている』
・『洪水警報が出された』
・『警報が出る可能性がある』

まとめ

注意をするという意味が似ている2つの言葉ですが、「警告」は悪いことが起こらないようにあらかじめするもの、「警報」は災害や危険に対してされるものという違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典