「負のオーラ」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「負のオーラ」

「負のオーラ」というと、どうしてもネガティブに取ってしまいがちな印象を受ける方も多いはずです。

「負のオーラ」の使い方・意味などきちんと理解した上で表現することが何より重要になります。

「負のオーラ」の意味

「負のオーラ」の意味ですが、まず「オーラ」についての意味は、元々ラテン語の「アウラ」に由来し、輝きや香気・風というニュアンスで日本人になじみがある「気」と似ています。

なので、「負のオーラ」というとネガティブな雰囲気を醸し出している印象を与えることになります。

なので、他人に対して好印象を与えるのではなくマイナスイメージが強くなります。

「負のオーラ」の言葉の使い方

「負のオーラ」の言葉を用いる場合、きちんと意味を理解した上で使うことが必須です。

やはり相手に対してネガティブな印象を与えてしまうので、注意が必要になります。

いくつか「負のオーラ」を使った例文をご紹介するので、使い方など参考にしてください。

「負のオーラ」を使った例文・短文(解釈)

「負のオーラ」の例文と解釈を紹介していきます。

「負のオーラ」の例文1

「あの人は負のオーラが強い人だ」

相手の方は、とてもマイナスイメージが強い印象を受けます。

ご自身の考え方に関してもマイナスに考えるので、「自分は何をやってもダメな人間」「どうせ出来ない」などネガティブ発言が多いケースを言います。

こうしたタイプの印象を受ける「負のオーラ」といったイメージで表現されます。

「負のオーラ」の例文2

「負のオーラが強いタイプは、なるべく避けたい」

やはり一緒にいる方はネガティブな考え方をする人ではなく、ポジティブシンキングの方が良いと考えているイメージを持つはずです。

「負のオーラ」「負の気を持つタイプ」になるので、やはりなるべく一緒にいたくないと感じる方も多いでしょう。

どうしても一緒にいると、こちらの方までネガティブな考え方になるので避けたいと思う人も多いです。

「負のオーラ」の例文3

「負のオーラが強いと僻みっぽくなる」

やはり「負のオーラ」が強いタイプの方は、自分に対し満足できな部分が多いため、どうしても僻みっぽい性格になるケースも多いです。

なので、そういうイメージを表現した言葉になります。

僻みっぽい性格の方は、やはり「負のオーラ」が強くなるとも言えますし、一緒にいても楽しくないと感じることが次第と増えていくでしょう。

「負のオーラ」の例文4

「あの人が部屋に入った瞬間、負のオーラが漂う」

部屋に入った瞬間に「負のオーラ」が強いタイプの方は、雰囲気がかなりネガティブになることもあります。

やはり周りからあまり好まれたりしていない部分が大きいので、どうしてもネガティブな印象に受け取られてしまうケースが多いです。

ポジティブな雰囲気ではなく、どうしてもネガティブな雰囲気が強くなりイメージが暗くなってしまう印象を与えるような表現の仕方です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典