「財閥」と「財団」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「財閥」と「財団」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「財閥」「財団」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「財閥」とは?

「財閥(ざいばつ)」とは、「家産(同族の出資)を基礎として事業規模を拡大し、同族経営で運営されている独占的な巨大企業集団」のことを意味しています。

「財閥」というのは「コンツェルン形態で運営されている同族支配・同族経営の巨大な企業集団」であり、「親会社・持株会社が多くの関連する子会社を支配している特徴」を持っています。

具体的な財閥として、「三菱財閥・住友財閥・三井財閥・ロックフェラー財閥・フォード財閥・モルガン財閥」などがあります。

「財団」とは?

「財団(ざいだん)」とは、「一定の目的のために、集められて結合された財産の集合体・巨額の資産」のことを意味している経済用語です。

また「財団」は、「ある目的を実現するための財産の集合体を管理・運用している財団法人の略語」といった意味合いも持っています。

「財団」は、「財団法人のような権利主体」になれるだけではなく、「工場財団・鉱業財団のような権利客体」として扱われることもあります。

「財閥」と「財団」の違い!

「財閥」「財団」の違いを、分かりやすく解説します。

「財閥」「財団」はどちらも「巨額の資本(金銭)と関連する経済用語」ですが、「財閥」というのは「三菱財閥・三井財閥・ロックフェラー財閥のように家族・同族が出資した親会社(持株会社)がたくさんの子会社を支配している巨大な企業集団」のことを意味しています。

「財閥」に対して「財団」というのは、「同族経営の独占的な巨大企業集団」ではなく、「一定の目的を果たすために結合された財産の集合体」「財産の管理運用をするために設立された財団法人」を意味している違いを指摘することができます。

まとめ

「財閥」「財団」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「財閥」とは「家産を基礎として事業規模を拡大し、同族支配の経営の特徴を持つ独占的な企業集団」「コンツェルン形態で運営される同族支配の巨大企業集団」を意味していて、「財団」「一定の目的のためにまとめられた財産の集合体」「ある目的のために提供された財産を管理・運営するための財団法人の略語」を意味している違いがあります。

「財閥」「財団」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典