「販売」と「売上」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「販売」と「売上」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「販売」「売上」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「販売」とは?

「販売(はんばい)」とは、「ビジネスを行っている企業・事業者が、自社の商品(製品)を顧客に売ること」を意味している経営用語です。

「販売」という言葉は、「企業・事業者が売上を上げて利益を得るために、自社の商品・サービスを顧客に売ること全般」を意味しています。

例えば、「弊社はスマホのアクセサリーや充電ケーブルなどを販売している会社です」などの例文で使えます。

「売上」とは?

「売上(うりあげ)」とは、「会社・事業者が自社の商品(製品)を販売した時に、顧客から入ってくるお金」のことを意味している経営用語です。

「売上」という言葉は、「会社が商品(製品)・サービスを売ることによって手に入れた代金(金額)」を意味しているのです。

例えば、「今期は売上が伸び悩んでいるので、現場での営業に力を入れることにしました」といった文章で使うことができます。

「販売」と「売上」の違い!

「販売」「売上」の違いを、分かりやすく解説します。

「販売」「売上」「ビジネス(事業)として商品・製品・サービスを売る行為と関連している言葉」としての共通点を持っていますが、「販売」「売上を得るための手段・方法」になっているという根本的な違いがあります。

「販売」という経営用語は「企業・事業者が自社で取り扱っている商品(製品)やサービスを顧客に売る行為」を意味していますが、この「販売」という活動・行為が原因となって「売上」の結果が生まれることになります。

「販売」に対して「売上」というのは、「会社(事業者)が商品・製品・サービスを顧客に販売することによって手に入れたお金(代金)」を意味しているという違いを指摘できます。

まとめ

「販売」「売上」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「販売」とは「企業(事業者)が商品・製品を顧客に売ること」を意味していて、「売上」「企業・事業者が商品を販売した時に入ってくるお金」「会社が商品(製品)・サービスを売ることによって得た代金」を意味している違いがあります。

「販売」「売上」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典