スポンサーリンク

「貴学」と「貴校」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「貴学」と「貴校」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「貴学」「貴校」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「貴学」とは?

貴学とは、きがくという読み方をすべき言葉です。

更に漢字で表記されているこの言葉を目にすれば直ぐに分かる事ですが、相手に対して敬意を表したり身分や家柄等が高い事を表す貴の漢字に、まなぶ所や学校等の意味を持つ学の字を加える事により成立している言葉となっています。

だからこそ貴学は、主に学校に対し敬いを込めた表現となっているのです。

「貴学」の使い方

貴学は相手が通っている学校に対し、敬った形で表現したい時に使用される言葉となっています。

もっとも学校といっても主に大学に対して、この言葉を用いるのが基本です。

中学校や或いは高校等に関しては、この貴学という言葉が使用される事はほぼありません。

加えて貴学は話し言葉として使用出来るものの、一般的には書き言葉として使用される事が多い言葉となっています。

「貴校」とは?

貴校とは、きこうという読み方をする言葉です。

文字で表現されたこの言葉を見れば明らかですが、敬意を持ってあなたの意を表したり年長者に対して敬愛の気持ちを表したりする貴の字に、学ぶ所やがっこうを意味する校の字を付け足す事で誕生した言葉となっています。

そのため貴校とは、あなたの学校という意味を尊敬を込めて表現する言葉です。

「貴校」の使い方

貴校は、相手の学校に対して尊敬の念を込めつつ表現したい時に使われる言葉となっています。

ただし注意点として、小学校や中学校、高校と基本的に校の付く学校に対して使用される言葉である事です。

なので大学に対しては、この貴校という言葉は用いなかったりするのです。

他にも貴校は話し言葉というよりも、主に書き言葉として使用される事が多い言葉だったりします。

「貴学」と「貴校」の違い

貴学と貴校は文字を見比べれば、2文字目に付くのが学か校かという明確な違いが見られます。

とはいえどちらも相手の学校を丁寧に表現したい時に使用する言葉であり、書き言葉での用途が多い等の共通点もあるのです。

もっとも貴学は、相手の学校が大学である時に限定して使用すべき言葉となっています。

一方の貴校は逆に、大学以外の中学校や高校等の校が付く学校に対して用いるべき言葉です。

なのでこの違いを把握すれば、使い分けに悩む事がありません。

「貴学」の例文

・『私の両親は共に貴学を卒業しています』
・『貴学にしかないカリキュラムに魅力を感じ、入学を希望しました』

「貴校」の例文

・『貴校への入学の条件を教えてください』
・『私の兄は現在、貴校に通っています』

まとめ

2つの言葉を比べれば、直ぐに2文字目が学と校という明らかな違いがある事に気付くはずです。

ただし共に敬意を込めて相手の学校を表現したい時に使う言葉なので、使い分けに迷う人も珍しくありません。

ただし貴学は、基本的に大学に限定して使用すべき言葉です。

対する貴校は、大学以外の小学校や中学校といった校が付く学校に対して用います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典