スポンサーリンク

「資する」と「寄与する」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「資する」と「寄与する」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「資する」「寄与する」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「資する」とは?

「資する」とは、ある物事の助けや役に立つことの意味となります。

そのため、物事を成立させることという意味で使用されることが多くなります。

役に立つ意味も含まれるため、プラスのイメージで使用することが多く、例えば、「組合に資するための事業に参加する」などといった感じで使用されます。

「寄与する」とは?

「寄与する」とは、人または社会の役に立つといった意味となります。

人や社会のために何かを行う際に使用され、例えば、「医療の発展に寄与することを目的とする」などといった感じで使用されます。

「資する」と「寄与する」の違い

以上のことから、「資する」「寄与する」の違いは、「資する」の場合、何か物事を成り立たせる際に使用する。

「寄与する」の場合は、人または社会などの役に立つ際に使用するというものとなります。

このポイントを抑えておけば、一見、同じような文章でも、どちらを使用すれば良いのか明確です。

同じ役に立つ際に使用する言葉でも、それが物事と進める際の助けの場合は、「資する」

人または社会の役に立つ場合は「寄与する」を選択します。

まとめ

意味を知るとそう難しくない「資する」「寄与する」の違い。

是非参考にし、効果的に使い分けて頂けたらと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典