スポンサーリンク

「赤サギ」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「赤サギ」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「赤サギ」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「赤サギ」の意味

結婚詐欺や恋愛にかかわる詐欺。

「赤サギ」の解説

「赤サギ」とは結婚詐欺のことを言います。

詐欺にはいくつかの種類があり、「赤サギ」は結婚詐欺、「白サギ」はお金関係、「青サギ」は不動産関係といったように色で詐欺の種類分けをしているのです。

「赤サギ」の内容は、結婚をほのめかし相手から金品を巻き上げることです。

つまり目的は相手のお金であり、肉体関係が目的ではありません。

しかし騙された側からすれば、お金の損害だけでなく、肉体的、精神的に傷を負うわけで悪質な詐欺と言えるでしょう。

「赤サギ」の使われ方

「赤サギ」を使った例文をいくつか紹介しますので、使い方のイメージを参考にしてみてください。

「僕は、過去に赤サギにあって、それが原因で女性不信になった」

「あいつの前科は、殺人じゃなく赤サギだ」

「彼女、彼氏の為にお金を工面してあげていたけど、やっぱり赤サギだったか」

「赤サギじゃないかと周りがいくら注意しても、相手に夢中になっていて聞き入れる耳はない」

「あんなバレバレの赤サギに引っかかるほど、私は馬鹿じゃない」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典