「赤ワイン」と「白ワイン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「赤ワイン」と「白ワイン」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「赤ワイン」「白ワイン」の違いを分かりやすく説明していきます。

「赤ワイン」とは?

「赤ワイン」とは、「黒ブドウを原材料として使用し、果実だけでなく果皮・種も一緒に漬けて発酵させてつくった鮮やかな赤色(パープル色)のワイン」のことです。

「赤ワイン」は、「フルボディーのコク・深みのある味」「甘味・渋味・苦味・酸味が混じった複雑な味」に特徴があります。

「赤ワイン」の原材料となる黒ブドウの品種には、「カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シラー」などがあります。

「赤ワイン」は黒ブドウから茎を取り除く「除梗(じょこう)」をした後に、「果実・果皮・種」を一緒に漬けて酵母で発酵させるので、果皮からアントシアニン(赤の色素)、種から渋味成分のタンニンが抽出されます。

「白ワイン」とは?

「白ワイン」とは、「白ブドウを原材料として使用し、圧搾して果皮・種を取り除き、果実だけを発酵させてつくったやや黄色がかったレモン色(グリーンレモン色)のワイン」のことです。

「白ワイン」の原材料となる白ブドウの品種には、「シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、リースリング」などがあります。

「白ワイン」「除梗」で茎を取り除いた後に、「圧搾」でさらに果皮・種も取り除くので、発酵過程で果皮からアントシアニン(赤色色素)が抽出されないのです。

「白ワイン」はタンニン含有量が少なく、渋味・苦味が弱くてすっきりした甘味が強くなります。

「赤ワイン」と「白ワイン」の違い!

「赤ワイン」「白ワイン」の違いを、分かりやすく解説します。

「赤ワイン」「鮮やかで深みのある赤色・パープル色」をしていて、「白ワイン」「少し黄色(緑色)がかった透明に近い色・レモン色(グリーンレモン色)」をしているのが典型的な違いです。

「赤ワイン」「黒ブドウ」を原材料にしていて、「白ワイン」「白ブドウ」を原材料にしています。

「赤ワイン」のほうが「白ワイン」よりも、「苦味・渋味が強くて複雑な味」「重み(コク)のある口当たり(フルボディー)」をしている違いも指摘できます。

一般的に「赤ワイン」「肉料理」に合い、「白ワイン」「魚料理」に合う傾向があります。

まとめ

「赤ワイン」「白ワイン」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「赤ワイン」とは「メルローなどの黒ブドウを原材料として果皮・種も一緒に発酵させてつくられた赤色のワイン」を意味していて、「白ワイン」「シャルドネなどの白ブドウを原材料として果実だけを発酵させてつくられたレモン色・グリーンレモン色(黄色・緑色がかった透明に近い色)のワイン」を意味している違いがあります。

「赤ワイン」「白ワイン」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典