スポンサーリンク

「赤裸裸」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「赤裸裸」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「赤裸裸」の意味を分かりやすく説明していきます。

読み方の分からない用語を、今すぐ覚えていきましょう。

スポンサーリンク

「赤裸裸」とは?

赤裸裸(せきらら)とは、事実のこと。

ありのまま、そのままを言い表します。

おもに「赤裸々に話す」「赤裸々に語る」など、トークの用語とセットにして使います。

この場合「事実をズバッと話す」という訳になります。

嘘や虚飾を付け足さないもの、むき出しになっているものが赤裸裸です。

赤裸裸という言葉には「赤裸(あかはだか)」という、見慣れない熟語がはいっています。

「あかはだか」とは、丸ハダカのこと。

洋服や下着などを身に付けていない、生まれたままのボディをあらわします。

この状態を強調させた言葉が「赤裸裸」

そのため素朴で飾り気のないもの、何も隠し事がないものが「赤裸裸」となります。

「赤裸裸」の概要

赤裸裸は「赤裸々」と最後の言葉を「々」に変えて使用することもあります。

「々」「同じ」という意味が込められています。

前の言葉を繰り返すという訳があるので、次の漢字を省略したい場合に用いていきます。

そのため「赤裸裸」「赤裸々」は基本的に、意味は同じものになります。

赤裸裸はあけっぴろげな話、ざっくばらんなトークをするときに良く用いられます。

オブラートに包まずに、真実をありのままに打ち明けること。

見栄を張らないで、今の状況を率直に語るときに使われます。

嘘が苦手で、いつも自分に正直にまっすぐ生きている人は「赤裸裸な人」です。

「赤裸裸」の言葉の使い方や使われ方

「赤裸裸」はこのように使います。

・『週刊誌に事件の真相が、赤裸裸に語られている』
・『複雑な心境を赤裸裸につづったエッセイが出版された』
・『女子会では赤裸裸なトークが繰り広げられた』
赤裸裸とは、ありのままのこと。

そのため「赤裸々に語る」「赤裸々なトーク」など、これまでベールに包まれていたものを、公に打ち明ける場で使われます。

「あけすけ」と同じように、すべてを隠さないことが「赤裸裸」になります。

「赤裸裸」の類語や言いかえ

「赤裸裸」と同じような言葉として、次の言い回しもあります。

・あけっぴろげ
・ストレート
・歯に衣着せぬ
・遠慮のない
・直言居士
いずれも表と裏がないくらい、あけすけな様子をあらわします。

隠し事ができなく、何でも正直に話してしまう様子です。

ちなみに「歯に衣着せぬ」というのは、口元に覆いをかけないこと。

何でもズバズバと話す状態を指しています。

また「直言居士(ちょくげんこじ)」は、どんな人に対してもハッキリ物言いをすること。

芸能界のご意見番のような人をあらわします。

まとめ

「赤裸裸」の意味と使い方を、詳しく見てきました。

「赤裸裸」とは「赤裸々」と同じ内容の言葉になります。

「丸ハダカ」をあらわすことから、何も隠さないこと、ありのままの状態をつたえる言葉となっています。

「赤裸々に半生を語る」など、これまで隠していたことを打ち明けるシーンで使われています。

豊かな言葉を覚えていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典