スポンサーリンク

「超絶好き」のとは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「超絶好き」のとは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「超絶好き」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「超絶好き」とは?意味

「超絶好き」は、絶対というある意味で確実性がある言葉をさらに高め、超と記載することで絶対を超えて好きであることを述べた言葉です。

超絶という言葉は実は、青空文庫などの小説やエッセイに古くから存在する言葉で、最近に登場した言葉ではないです。

この言葉は、松本潤というアイドルグループのメンバーが良く使用している言葉であるため、アイドルが生み出した言葉であるかに思われますが、実は、超絶という言葉自体は古くから存在しており、かつ、「超絶好き」という言葉も古くの小説やエッセイに登場していることからアイドルが生みの親ではないです。

「超絶好き」の概要

「超絶好き」という言葉の誕生は、小説群がモチーフであるとされており、当初は、超絶という単語の部分のみをクローズアップして使用されていました。

しかし、時代が流れるにつれ、小説もライトノベルのように気軽に読む書籍が登場すると次第にアイドルが使用している超絶という言葉を再度クローズアップし、「超絶好き」「超絶嫌い」などの言葉が生まれていったのです。

これらは娯楽が小説から、アイドル、そしてライトノベルのように移り変わる過程でだんだんと「超絶○○」という具合に進化したと言えます。

「超絶好き」の言葉の使い方や使われ方

「超絶好き」は、絶対という確信を超えて好きであることを表現するために使用する言葉です。

小説やライトノベルなどに登場する現代の若者言葉の一つとして使用する例があります。

「超絶好き」の類語や言いかえ

「超絶好き」の類語は、「規格外れに好き」の他、「絵も言われるくらい好き」などが類語に当たり、言いかえにおいては、元の言葉の意味である、他に優れるものがないくらい好きであるという言いかえがあります。

他にも言いかえであれば、「めっちゃ好き」も言いかえに当たり、めっちゃの部分がめちゃくちゃという絵も言われない状況下を表す言葉を短くしたうえで好きであると述べているのです。

このように、「超絶好き」に似た様な意味を持つ言葉は昔から存在しており、絶対という確信を超えてもさらに好きであることを伝えようとするのは、今も昔もそれほど変わってないということの表れでもあるのです。

まとめ

「超絶好き」ですが、アイドルが生み出した言葉のように感じるでしょうが実は、超絶という言葉自体は古くから小説群に重畳しており、かつ超絶がどうであるかを述べた作品も多いため、実はアイドルではなく小説がモチーフであると言ってよいです。

しかし娯楽が、小説からアイドルに移り変わり、アイドルが超絶という言葉を使用すれば、周囲はその言葉はアイドルが作ったと思い、その言葉を利用し、生み出されたのがこの「超絶好き」になります。

この言葉は、現在では小説の他、ライトノベルにゲームなど文字を認識し、物語であると認識できるものであればなんにでも使用されており、特に珍しい言葉ではなくなりつつあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典