スポンサーリンク

「転職理由」と「退職理由」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「転職理由」と「退職理由」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「転職理由」「退職理由」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「転職理由」とは?

最初に「転職理由」(てんしょくりゆう)の意味をご説明致します。

「転職理由」とは、基本的に現在の仕事に満足ができなかったり、報酬などに納得できないときに、他社などに転職する際に使われる言葉になります。

「退職理由」とは?

次は「退職理由」(たいしょくりゆう)の意味を解説していきます。

「退職理由」の場合は、職場を去る際や、自らの都合により退職する場合に用いられるのが、一般的です。

「転職理由」と「退職理由」の違い

ここでは「転職理由」「退職理由」の違いを説明します。

「転職理由」は、職場や給与、待遇に不満がある場合、若しくはスキルアップを目指して、他業種や他の会社へ行くことです。

「退職理由」の場合は、仕事場を去る。

すなわち、仕事を辞めるときに使われることです。

そして、自分の都合である場合が圧倒的に多いのです。

少しだけ仕事を辞めるときや、女性ならば結婚により専業主婦になるときに使うことが多い言葉になります。

「転職理由」と「退職理由」の使い方の違い

続いては「転職理由」「退職理由」の使い方の違いの方を取り上げていきます。

「転職理由」を使うときは、今の職場を去り、別の仕事や職場へ行くときに使います。

「退職理由」を使う場合は、仕事を辞めるときに使います。

辞める期間は短くても、ずっと仕事しないときにでも使う言葉になります。

それではこの2つの使い方を見てみます。

先ずは前者です。

「転職理由ですが、給料が低いので、他の会社へ転職したいです」
「僕の転職理由は、パソコンのスキルアップのために、パソコンを使う職場へ行きたいんだ」
次に後者になります。

「退職理由としては、結婚して子供ができたので専業主婦になるからです」
「退職理由は、一時的に休んで、半年後くらいに別の仕事をフリーでしていくと思います」

「転職理由」を使った例文

ここでは「転職理由」を使った例文を書いていきます。

・『転職理由は、良さげな仕事と職場が見つかったからです』
・『私の転職理由は、現在の福祉業界を少しでも変えたいからです』
・『転職理由は、フリーランスとして活動していくためです』
・『転職理由は、自分のキャリアを高めたいという人が増えているそうです』
・『基本的な転職理由は、お金のためというのも、かなりの人数がいます』

「退職理由」を使った例文

最後に「退職理由」を使った例文を書きます。

・『退職理由として、現状に満足できないためです』
・『自分の退職理由を述べますと、仕事を辞めて旅に出るからです』
・『退職理由は、ストレスになります。少し休みたいのも兼ねてます』
・『退職理由は、子供ができたからです』
・『私の退職理由は、自分で起業するためになります』

まとめ

まとめは、「転職理由」は、自分の能力を高めたり、給料面などを良くしたいときに、他の仕事へ就いたり、他の会社へ行くことです。

「退職理由」は、自分の都合などで仕事を辞めるときに、使うものです。

一時的に仕事を辞めるときと、ずっと仕事しないときにも使えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典