スポンサーリンク

「転貸」と「同居」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「転貸」と「同居」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「転貸」「同居」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「転貸」とは?

「転貸」には、人から借りたものを別の人に貸すことという意味があります。

また貸しともいいます。

この場合の「貸す」には、料金を支払って一定期間、自分のもののように利用することという意味があります。

賃貸物件を大家さんに連絡することなく別の人に貸てしまう、図書館で借りた本を別の人に貸て読ませてあげるなどが「転貸」にあたります。

住んでいる賃貸物件を、海外に長期出かけるので他の人に貸した場合、万が一にもトラブルがあったときに、契約者がすぐに対処することができません。

本来なら契約者と大家さんの間でトラブルを解決するのですが、そこに第三者が絡んでくるので問題が複雑になります。

このように「転貸」にはリスクが伴います。

「同居」とは?

「同居」には、3つの意味があります。

1つめは、家族が一つの家で生活を共にすることです。

「両親と同居」のような使い方をします。

2つめは、家族以外の人が同じ家に住むことです。

「いとこと同居」のような使い方をします。

3つめは、本来あるはずのないものがともに存在することです。

「転貸」と「同居」の違い

「転貸」は、借りていたものを別の人に貸すことです。

「同居」は、家族または家族以外の人が同じ家に住んで暮らすことです。

まとめ

どちらも家や住むことに関して使用される言葉ですが、意味が異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典