スポンサーリンク

「返品」と「返金」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「返品」と「返金」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日常生活でもよく使われている言葉の中に、「返品」「返金」があります。

この記事では、「返品」「返金」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「返品」とは?

「返品」とは、買った、または仕入れた品物を返すことを指します。

商品を購入しても、不良品だった場合などで、「返品」することがあります。

「返品」するにはあらかじめ決まったルールがある場合が多いので、それに従って行うようにしましょう。

また、開封してしまうと、返品できない場合もあるので注意が必要です。

ビジネスでは仕入れた商品を何らかの理由で「返品」しなければいけないことがあります。

こちらの場合も「返品」と言います。

「返品」の例文としては、「昨日、ここで購入した靴なのですが、サイズが少し大きかったようです。

これを返品して、ワンサイズ小さい靴に交換したいのですが」
他には、「この電化製品は初期不良のようで、うまく作動しないので返品して、良いものと交換をお願いします」などと使うことができます。

「返金」とは?

「返金」とは、借りていたお金を返すという意味です。

他にも、一旦支払われたお金を戻すなどの意味があります。

買い物などで、お釣りを多く受け取ってしまった場合は、基本的には過剰分を「返金」する必要があります。

それ以外でも、金銭のやり取りで正しい取引がされなかった場合にも「返金」が生じます。

「返金」の例文としては、「昨日は急なお願いにも関わらず、お金を貸していただき、ありがとうございました。

早速、返金させていただきたいので、指定入金口座を教えていただけますか」
または、「この度は弊社のミスにより、大変ご迷惑をおかけいたしまして、誠に申し訳ございませんでした。

早速、返金の手続きをしたいと思いますので、御社の入金指定口座をご連絡いただけますでしょうか」
などです。

「返品」と「返金」の違い

「返品」「返金」の違いを、分かりやすく解説します。

「返品」「返金」も、返すことでは同じです。

しかし、「返品」は品物を返すことですし、「返金」は金銭を返すことなので、返す対象物が変わってきます。

また、「返品」は一旦、購入した商品を何らかの事情で返すこともあります。

そのため、本来は返さなくてもよい物を返す時にも使われます。

レンタルで何かを借りた場合は返すのが基本です。

そのため、この場合はクーリングオフで「返品」するのとは、意味合いが違ってきます。

まとめ

「返品」は借りているものであれば、返すのが基本です。

借りているのに、返し忘れたものが内容に気を付けましょう。

「返金」の場合は、必ずお金を返さなければいけないルールがあります。

何らかの事情で「返金」ができない場合も、何らかの別の方法を取る必要があるでしょう。

どんなものでもそうですが、借りたら返すというのは当たり前のことです。

忘れずに返すようにしましょう。

借りたものをそのままにしておくと、場合によってはペナルティーが付いてしまうことがあるので、十分に気を付けたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典