スポンサーリンク

「迷信」と「ジンクス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「迷信」と「ジンクス」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「迷信」「ジンクス」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「迷信」とは?

「迷信」の意味と使い方について紹介します。

「迷信」の意味

「迷信」「めいしん」と読みます。

意味は「一般的に信じる人も多いが、合理的な根拠がない理論や言い伝えなどのこと」です。

「迷信」の使い方

「迷信」は、一般的に知られている事柄で、信じている人も多くいるが、合理的な根拠がないもののことを言います。

時には信じることで社会生活に実害を及ぼすこともあります。

例えば「鏡が割れると身内に不幸がある」「黒猫が前を横切ると縁起が悪い」など、科学的に証明されていない言い伝えのことです。

ただし、中には「うなぎと梅干しを一緒に食べるとお腹を壊す」など、食べ合わせが悪いものを避けるたとえとして使われているものもあります。

基本的に広く社会一般に知られている事柄に対して使われます。

「ジンクス」とは?

「ジンクス」の意味と使い方について紹介します。

「ジンクス」の意味

「ジンクス」とは「縁起が良い、悪いを表す言い伝え」「個人的に縁起をかつぐこと」です。

「ジンクス」の使い方

「ジンクス」には以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は「縁起の良い、悪いを表す言い伝え」という意味で、「こうするとこうなる」と信じられている事です。

2つ目は「縁起をかつぐこと」という意味で、個人的に信じている因縁のある事柄のことを言います。

広く社会一般に知られているものではなく、あくまで個人的に「勝負事がある時には必ず靴を左からはく」などがあります。

思い込みや自己暗示に近いのですが、気持ちを安定させて精神を集中させる効果があります。

「迷信」と「ジンクス」の違い!

「迷信」「一般的に信じる人も多いが、合理的な根拠がない理論や言い伝えなどのこと」です。

「ジンクス」「縁起が良い、悪いを表す言い伝え」「個人的に縁起をかつぐこと」です。

まとめ

今回は「迷信」「ジンクス」の違いをお伝えしました。

「迷信は社会一般に知られている」「ジンクスは地域や個人的なもの」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典