「追っかけ」と「ストーカー」の違いとは?分かりやすく徹底解説

スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「追っかけ」とは?

「追っかけ」とは、芸能人などのアイドルやミュージシャン・スポーツ選手などの熱狂的なファンが楽屋口・滞在先の宿泊施設・放送局・駅・空港周辺まで追いかけてくるような行為や、情報を収集したり、全ての公演を見ようとしたりする行為を意味しています。

「追っかけ」という言葉はよく使用される機会も多いので理解しておきましょう。

「ストーカー」とは?

「ストーカー」とは、特定の個人に異常なほど関心をもってつけ回す人のことを意味しているので、一般人の方や有名人など、様々なケースでこの「ストーカー」被害を受けるケースも最近はよく耳にするはずです。

やはり異常なほど関心を持つことになり、家まで着いていったり、必要異常につきまとうなどストレスを感じる行為を表します。

「追っかけ」と「ストーカー」の違い

「追っかけ」「ストーカー」の違いをご紹介します。

「追っかけ」は、アイドル・ミュージシャン・スポーツ選手などの熱狂的なファンが公演・コンサートなど全て参加するなど、マナーを守ってファン活動することを意味しますが、「ストーカー」になると、ある特定の個人に異常なほどつきまとう行為なので、ストーカー被害なども多々あるため、マナーを超えて必要異常につきまとう行為を意味します。

なので、この「追っかけ」「ストーカー」の違いは、常識やマナーを超えているかどうか、異常な行動に出ていないか、これは大きな違いになります。

「追っかけ」の使用例

「追っかけ」の使用例ご紹介します。

「アイドルの追っかけ歴は30年になります」

アイドルの熱狂的なファン活動歴は30年になります。

という解釈です。

アイドルのコンサート・サイン会。

公演会への参加などを含めた「追っかけ」歴30年になるほど、大好きな様子が伝わります。

やはりこのアイドルに関して、何でも知っているし大好きなので、ファンとして自身を持っている様子がわかります。

「スポーツ選手の追っかけをして、試合観戦しています」

スポーツ選手の熱狂的なファンで応援を継続し、試合観戦していますという解釈です。

スポーツ選手の熱狂的なファンで「追っかけ」するために試合観戦している様子がよくわかります。

「ミュージシャンの追っかけで大阪公演まできました」

ミュージシャンの熱狂的なファンで追いかけて大阪公演まできましたという解釈です。

ミュージシャンのファンの方が「追っかけ」をしており、大阪公演まで参加している様子を読み取ることができます。

「ストーカー」の使用例

「ストーカー」の使用例をご紹介します。

「私はストーカー被害にあって連日怖い思いをしています」

私は異常なほどに付きまとわれているので、連日怖い思いをしていますという解釈です。

私は「ストーカー」被害にあっているので連日怖い思いをしている様子がわかります。

「ストーカー行為をしている友人に注意をしました」

異常なほど付きまとう行為をしている友人に注意をしましたという解釈です。

かなり友人はある人に対して「ストーカー」行為をしている様子がわかります。

なので、友人に注意をするなど対策しているようです。

「ストーカー被害にあっていることを警察に相談しました」

異常なほど付きまとわれていることを警察に相談しましたという解釈です。

自分でも「ストーカー」被害にあっているのを把握し、警察に相談していることを読み取ることができます。

「追っかけ」と「ストーカー」の使い分け

「追っかけ」「ストーカー」の使い分けについて、きちんと双方の意味を理解した上で活用することが重要になります。

熱狂的なファンでコンサートや公演会へ必ず参加するのは「追っかけ」ですが、ある一定のマナー・人に迷惑をかけるような異常なほど付きまとうことは「ストーカー」になるので、理解した上で文章に活用しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典