スポンサーリンク

「退店」と「閉店」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「退店」と「閉店」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「退店」「閉店」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「退店」とは?

「退店」には2つの意味があります。

一つは、売り上げが芳しくなかったり、営業方針の転換をしたりなどで、店を閉めることです。

営業を終了して、その後ずっとその場所では営業をしないという意味になります。

デパートなどの大型商業施設の中に入っている店が、そこから撤退することも意味しています。

たとえば、あるデパートにA店が入っていたとします。

あるとき、デパートの運営方針が変わり、A店にはこのデパートがあわなくなり、ここでの営業をやめることにしました。

デパートからはA店がなくなります。

これを「退店」といいます。

もう一つの意味は、その日の勤めを終えて店から出ること、また客が店から出ることです。

仕事中、外に用事があって店の外に出ることがありますが、これは「退店」とはいいません。

従業員が店から出る意味では、その日の勤めが終わった場合をいいます。

「退店」の使い方

客や従業員が店から出るという意味で使用することが多いです。

どのような店なのか意味に含まれていないため、コンビニ、スーパー、デパート、飲食店など、さまざまな店についていうことができます。

「閉店」とは?

「閉店」には2つの意味があります。

1つめは、続いていた商売を終わりにすることです。

売上が芳しくない、年齢、体調など、さまざまな理由が考えられます。

どのような理由なのかは、この言葉の意味には含まれていません。

もう一つの意味は、その日の営業を終えて店を閉めることです。

店の扉を閉じて客が利用できない状態にすることを指しています。

その日は営業はしませんが、翌営業日にはまた店を開けます。

ずっと閉じていることではありません。

「閉店」の使い方

店を閉めるという意味で使用をします。

この閉めるとは、ずっと閉めたままでもう営業することはない、つまり商売は終わりという意味の場合と、今日の営業は終わりという意味の2通りがあります。

「退店」と「閉店」の違い

商売をやめるという意味が同じです。

「退店」はデパートなどから撤退する意味も含みますが、「閉店」は撤退という意味では使用しないことが一般的で、営業をやめるという意味合いです。

また、「退店」には店から人が出るという意味もあります。

「退店」の例文

・『食べたものを片付けてから退店する』
・『退店前に食器をさげてください』
・『10月にデパートから退店をする予定です』
・『昨日は21時に退店しました』

「閉店」の例文

・『閉店時間は20時です』
・『10年続けてきた店を閉店する』
・『8月に閉店をします』
・『閉店の紙が入口に貼られていた』

まとめ

2つの言葉は営業をやめるという意味が同じです。

しかし、大型商業施設などでの営業をやめるという意味では「退店」といいます。

また、「退店」は店から出ることも意味しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典