スポンサーリンク

「逆ギレ」と「逆恨み」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「逆ギレ」と「逆恨み」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「逆ギレ」「逆恨み」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「逆ギレ」とは?

「逆ギレ」とは、本来ならば自分に非がある、怒られるという立場であるのに、反省、謝罪などをせず怒り出すことを言います。

「逆ギレ」する理由としては、自分の非を認めたくない、相手に謝りたくない、単純に指摘されて気分を害したといったことがあるでしょうか。

「あの子、すぐに逆ギレするところが嫌い」「謝りもせず、逆ギレするなんて、どういう性格なんだ」などと、使います。

「逆恨み」とは?

「逆恨み」とは、自分が恨んでいる人から、逆に恨まれるといった意味と、人の好意を素直に受け止めず、逆に相手を恨むことといった意味があります。

「せっかく教えてあげたのに、逆恨みされた」「パワハラ上司から、逆恨みを受けた」などと、使います。

「逆ギレ」と「逆恨み」の違い!

「逆ギレ」「逆恨み」の違いを、分かりやすく解説します。

「逆ギレ」とは俗に、本来ならば怒られるようなことをした人が、逆に怒り出すといったことを言います。

喧嘩などは大抵、どちらかの「逆ギレ」があると言えるでしょうか。

一方「逆恨み」とは、自分が恨んでいる相手から、逆に恨まれること、または好意を曲解し、感謝どころか逆に恨むといったことです。

簡単にまとめますと「逆ギレは自分が悪いのに怒り出す」「逆恨みは好意を曲解し相手を恨む、恨んでいる相手から逆に恨まれる」となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「逆ギレ」「逆恨み」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれ意味が違いますので混同しないように気をつけてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典