スポンサーリンク

「逆説教」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「逆説教」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「逆説教」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「逆説教」の意味

間違いを指摘してきた相手に対し、反対に間違いを正して説教すること

「逆説教」の解説

「逆説教」「ぎゃくせっきょう」と読みます。

意味は「間違いを指摘してきた相手に対し、反対に間違いを正して説教すること」です。

自分より目上の人、または自分が間違っていると信じて忠告してきたり、教訓めいた話をしてきた時に、逆に相手の非を指摘して忠告することです。

説教しようとしたものの、いつの間にか立場が逆転してしまうことから「逆説教」と言われる様になりました。

由来は、タレントの「ユージ」氏がテレビ出演した時に話題にした奥さんのエピソードからきています。

ユージ氏の奥さんが運転中に警察官から侵入禁止違反を咎められた時に、「入っちゃダメなら入り口で見張って未然に防ぐのがあなたの仕事じゃないの?」と逆に説教したことから来ています。

「逆説教」の使われ方

「逆説教」は、説教された相手に説教し返す時に使われます。

「教師に逆説教する生徒が増えている」「会社で後輩に注意したら逆説教された」などと言います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典