スポンサーリンク

「速攻」と「即効」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「速攻」と「即効」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

皆さんは「速攻」「即効」の意味の違いを尋ねられてその違いを明確に説明することができるでしょうか?とても似ているような感じがするのですが、かなり解釈か異なる言葉です。

そこでこの記事では、「速攻」「即効」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「速攻」とは?

「そっこう」という読み方になる「速攻」とは、「すばやく攻めたてること」、あるいは「相手に休みを与える暇もなく即座に攻撃すること」といったような意味を持つ言葉です。

「即効」とは?

「即効」「そっこう」という読み方になります。

意味は「すぐに効き目があること」、ないしは「間も置かず・あっといぅ間に効果が現れること」ということを指している言葉になります。

「速攻」と「即効」の違い

ここで「速攻」「即効」の違いを見ていくことにいたしましょう。

「速攻」とは、「すばやく攻め立てる」という意味を持つ言葉です。

よく使われるのはスポーツなどの分野で相手に守る時間を与える暇がないほどに俊敏な動きで攻撃することを言っています。

「速攻」を構成する「速」「はやい」「すみやか」という意味合いを持っており、「攻」「相手を撃つ」「せめる」という意味からこのような解釈になっていきます。

一方の「即効」「あるものの効果が素早く発揮されること」を意味しています。

「効」「効き目」のことを指しています。

「即」「すぐ」「ただちに」というようなニュアンスを持っていることから、「この薬は鎮痛に即効性があるんだ」というような使い方をします。

また、「即効」という言葉と同じ読み方で「速効」ということばもありますが、とても混同しやすい言葉なのです。

これは医学や農業の世界で専門的に使われる言葉と言ってもいいでしょう。

これに対して「即効」は、それ以外の一般な用語として使われるようになっているので、。

薬以外でもトレーニングや国などが行う政策なども含めて幅広い分野で「即効」が使われているのです。

「速攻」の例文

速攻」の例文は以下のようなものが挙げられます。

・『速攻で行くからな。それまで持ちこたえてくれ』
・『速攻でやっつけるから待ってな。すぐに戻るわ』

「即効」の例文

即効」の例文は以下のようなものになります。

・『この薬は即効性がある』
・『即効性の高い対応策を打たなければ大変なことになる』

まとめ

ここまで「速攻」「即効」の意味や違いを見てきました。

「そっこう」というと同じ読み方をする言葉だけに意味を混同してしまいそうになることもあるでしょう。

しかし、このような同音異義語はこのほかにも色々とあるので、しっかりととのように解釈するのかしっかりと確認をしておきたいものです。

そうすることで、言葉の使い方をまキチンとできるようになります。

このことから読み方が同じ言葉はよく意味を確認しておくことがとても大切になっていることを認識しておかなければなりません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典