スポンサーリンク

「運動会」と「体育祭」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「運動会」と「体育祭」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、運動会と体育祭の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

運動会とは?

運動会とは、学校や会社で行われる活動行事のことを指す言葉です。

決められた項目に沿って、生徒は器械体操や競技に参加します。

日本で運動会が行われたのは明治末期からで、富国強兵や国威、健康増進を国民に広めるために行ったのが始まりです。

開催する季節は夏の暑さが和らぐ秋が多いですが、気候変動で10月になっても暑い日が続くため、最近は3月から4月か、5月から6月に開く小学校が増えています。

運動会の目的は、児童に連帯感と団結力をもたらし、さらには調和と協力する心を養うために開きます。

運動会をやる場所は学校のグラウンドで、児童の保護者を迎えて一緒に競技へ参加し、親子の絆を深めながらチームが勝てるように協力します。

大抵の運動会では赤組と白組の二手に分かれて得点を競いますが、県によっては地元の地名や山の名称をチームの組に付けて、応援団が盛り上げるのが一般的です。

そして、お昼ご飯はグラウンドにビニールシートを敷き、保護者が持参したお弁当を一緒に食べるか、教室でご飯を食べます。

体育祭とは?

体育祭とは、中学校や高校で行われる運動会を意味しています。

会社では「スポーツ大会と呼んだり、体育大会と呼ぶこともあり、年に1回から2回ほど開き、社員同士の交流を深めるためと、運動不足を解消するために行っています。

地域が運動会の運営を担うのに対して、実行委員会が体育祭の運営に関わり、生徒が授業の成果を出す場となります。

主に部活対抗リレーを中心に行い、走りを競うのが体育祭であり、参加する人はチームの色を統一するとより団結力を高めるのに効果的です。

運動会と体育祭の違い

運動会と体育祭の違いを、分かりやすく解説します。

幼稚園や小学校の児童が参加するのが運動会で、体育祭は中学校や高等学校の生徒が参加するという違いがあります。

運動会では児童が身体を動かし、運動能力を発揮して競技で汗を流し、体育祭では生徒が授業の成果を出して見せるために行います。

運動会の例文

・運動会で人気がある競技は子供たちが競うリレー走だ。

・親子で挑む障害物競走では協力し合う気持ちが大切。

運動会での見世物は子供たちが走りを競うリレーであり、見ている方も子供が懸命に走る姿に興奮するでしょう。

親子で挑む玉転がしや徒競走は運動会の中でも人気の競技です。

この競技がきっかけとなり、会話が増える家族もいます。

体育祭の例文

・体育祭では三輪車リレーやバック走リレーなど自由度が高い競技が多い。

・生徒が中心となって行う体育祭はクラスで分かれて行うのが特徴的だ。

自由度が高い競技をやることで体育祭がより盛り上がります。

また、生徒が中心となって行う体育祭ではクラス対抗で競うところが面白いのです。

まとめ

棒倒しや玉入れ、綱引きなど大勢で協力し合ってやる項目は子供たちも大人も興奮し、楽しい団体競技からアトラクションまで行う運動会や体育祭。

体育祭も運動会も楽しく元気に身体を動かすイベントです。

どちらも団結し、協力し合うイベントですので、思い切り力を発揮し、チームに貢献する選手として参加し、力を発揮してみるといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典