スポンサーリンク

「運搬」と「移送」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「運搬」と「移送」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「運搬」「移送」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「運搬」とは?

「運搬」は、物品を運び出すことです。

物品を運び出す方法には、車両、船舶、航空機など乗り物を使う方法や、人間が手に持って運ぶ方法などがあります。

「運搬」に似た意味を持つ言葉に、「輸送」「運送」があります。

「輸送」「運送」は乗り物を使って運ぶ場合に使う言葉なので、遠くに運ぶ場合に用いられます。

それに対し「運搬」の場合は、乗り物を使う場合も人が手に持って運ぶ場合も含まれるので、近い距離の場合にも使用されます。

「移送」とは?

「移送」は、あるところから別のところに移すことです。

物品に対しても人に対しても使うことができます。

そのため、「被告人を移送する」のように使用されることもあります。

また、行政上の手続きの所轄を、ある機関から別の機関に移すことも意味します。

しかし、法律用語として使われるだけでなく、「書類を移送する」など、商品や書類に対しても使用されます。

「運搬」と「移送」の違い

「運搬」は物品を運び出すことです。

運ぶ手段は、乗り物や人が手に持つ方法などです。

「移送」は人、所轄、商品、書類などを別のところに移すことです。

まとめ

「運搬」「移送」は、移動させるという点では意味が同じですが、何を移動させるのかが異なる言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典