スポンサーリンク

「過信は禁物」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「過信は禁物」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、慣用句の「過信は禁物」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「過信は禁物」とは?意味

「過信は禁物」の読みは「かしんはきんもつ」「価値や力量などを実際よりも高くみて、信頼しすぎることは、良くないこと」を意味する慣用句です。

「過信は禁物」の概要

「過信は禁物」における「過信」とは「価値や力量などを実際よりも高くみて、信頼しすぎること」を意味する言葉です。

また「禁物」「しないほうがよいものごと」を意味する言葉です。

従って、二つの言葉をつないだ「過信は禁物」「価値や力量などを実際よりも高くみて、信頼しすぎることは、しないほうがよいこと」と言う意味になるのです。

「過信は禁物」であるとは、「過信」にはデメリットが大きいので、「すべきではない」との警鐘の言葉ですが、なぜ「過信」に課題があるのかについて、少し説明しておきます。

まず「過信」することで、仕事等を行う際に、慎重さを欠く傾向が強まり、ミスを誘発する可能性が高まります。

小さなミスが繰り返されれば、やがて大きな失敗を犯す危険性があり、「過信」すべきではないのです。

また「過信」する人には、周囲の人が従い、ついて来てくれなくなります。

自信過剰な人は、自分よりも仕事が出来たり、偉い人間はいないと考え、人を見下す傾向が起きます。

周囲の人は、それを見透かして、「過信」する人を軽蔑し、信用することもなく、そんな人に従うことはしなくなるのです。

このように「過信」することは、社会生活を送る際に、大きなデメリットとなってしまうのです。

それゆえに、「過信は禁物」の慣用句が、広く使われているのです。

「過信は禁物」の言葉の使い方や使われ方

「過信は禁物」の慣用句は、以下の例文のように使われます。

・『彼は過信は禁物という忠告を無視し、結局、大きなミスを犯してしまった』
・『彼女は過信は禁物だとして、慎重すぎるほど慎重なタイプです』
・『車の運転に慣れてきた頃にこそ、過信は禁物という言葉を改めに肝に命じるべきです』
・『自信満々で他人の意見を聞く耳を持たないあの上司は、皆から総すかんを喰らっています。まさに過信は禁物の反面教師と言えます』

「過信は禁物」の類語や言い換え

「過信」の類語としては、「自信過剰」「驕り」「思い上がり」「うぬぼれ」などが挙げられます。

また「禁物」の類語としては「禁止項目」「禁止事項」「良くないこと」などが挙げられます。

従って、「過信は禁物」は、これらを組み合わせて、「自信過剰は良くない」「驕りは禁止事項」「思い上がりは禁物」「うぬぼれは良くない」などと言い換えることが出来ます。

まとめ

「過信は禁物」とは、「価値や力量などを実際よりも高くみて、信頼しすぎることは、良くないこと」を意味する慣用句です。

「過信」はミスや大きな失敗の原因となり、また周囲の人からの信用を失い、付き従う人がいなくなる原因となることから、「禁物」だとされているのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典