スポンサーリンク

「過半」と「大半」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「過半」と「大半」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「過半」「大半」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「過半」とは?

「過半」とは、全体から見たときに半分を超えていることです。

全体の50パーセント以上のことを「過半」と言います。

後ろに数を付けて「過半数」とも言います。

これは、全体の半分よりも多い数のことです。

「大半」とは?

「大半」も、全体から見て半数を超えているときに使います。

しかし同時に「大部分」という意味も持つので、「多数」「ほとんど」と言った意味でも使われることがあります。

「過半」と「大半」の違い

「過半」「大半」の違いを、分かりやすく解説します。

「過半」「大半」も全体から見たときに半数を超えている場合に使います。

しかし、「過半」はそれ以上の意味を持たないのに対し、「大半」「大部分」「大多数」「ほとんど」と言ったニュアンスを持ちます。

「ほぼ全て」といった意味合いも「大半」と言う言葉の中に含まれるので、例えば「全体から見て90パーセント以上」の物事の場合、「過半」という言葉を使うより、「大半」という言葉が使われる傾向にあります。

まとめ

「過半」「大半」も、全体の半数を超えた場合に使います。

しかし「大半」には「ほとんど」というニュアンスも含まれています。

なので、明らかに全体の半数以上のものを差す場合、「大半」という言葉が使われる場合が多いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典