スポンサーリンク

「過疎ゲー」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「過疎ゲー」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「過疎ゲー」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「過疎ゲー」の意味

「過疎ゲー」とは、現在している人が少なくなったオンラインゲーム。

「過疎ゲー」の解説

「過疎ゲー」とは「過疎化したゲーム」の略語です。

「過疎」とはある場所から人がいなくなる、非常にまばらであるという意味で特に農村部の人口が極度に少ないといった意味合いで使われる言葉です。

ネットにおいての「過疎」とは利用者が少なくなったという意味で使います。

また男性の頭髪に「過疎」と使う場合は「禿げている」の意味になりますので気をつけてください。

つまり「過疎ゲー」とは、している人が少ない、人がいなくなったオンラインゲームという意味なのです。

「過疎ゲー」の使われ方

「過疎ゲー」とは、かつては人気であっても今はしている人が少なくなったオンラインゲームのことです。

それでは「過疎ゲー」を使った例をいくつか紹介しますので参考にしてみてください。

「今や過疎ゲーだけど、俺はこれが一番好きだ」
「そんな、過疎ゲーいまだにやっている奴いるの」
「過疎ゲーとか、やる気起きない」
「数年前は大人気だったけど、今は過疎ゲーだし、他のした方がいいよ」
「先輩のお気に入りだから、過疎ゲーとか絶対言うなよ」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典