「選び抜かれた」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「選び抜かれた」について

人はたくさんの選択肢があるとき、様々な基準や判断の中からどれかを選択します。

そしてその条件が厳しいほどに選ばれたものの価値・重要性は高く、「選び抜かれた」と表現されることもあります。

「選び抜かれた」の意味とは

「選び抜かれた」という言葉の意味としてたくさんある選択肢の中から選ばれたという解釈となります。

ここでの「抜かれた」とは引き抜くというニュアンスとなり、選択肢に埋もれた中から厳選するとされます。

また「選び抜かれた」とされる対象について、ただ選択するのではなく。

多くの選択肢や選択・選考に苦難したといった背景を含みます。

そのため軽々しく選ばれたものではなく、熟考の上に選択された価値・重要性の高い選択肢としての意味合いを持ちます。

「選び抜かれた」の言葉の使い方

「選び抜かれた」という言葉は選択肢がたくさんある中でそのどれかを選択したときに用いられる言葉です。

対象は人・物・土地と定義はなく、使う際には「選び抜かれた」ものに対してその価値・重要性を伝える・強調するために用いられることが多いです。

そのためしっかりと考えたうえでの選択となるため、周囲に対してもその意図・過程を伝える使い方もされます。

「選び抜かれた」を使った例文

「選び抜かれた」という言葉は熟考したうえで選択されたものに対して用いられる言葉です。

そのため選ばれたものがどれだけ大切か・どれだけ考えたかなどを伝えることにもなり、多用したり間違えて使ってしまうと誤解やトラブルを招きかねません。

そのため適切な使い方を紹介していきます。

「選び抜かれた」の例文1

「プロジェクトの人選について『今回のプロジェクトはわが社の命運を分けるほど重要なものだ。各部署選び抜かれた人たちはそれぞれ努力するように』と伝えた」

この場合、非常に重要なプロジェクトに関わる職員を選択しており、「あなたたちは選ばれた」ということを伝えています。

そして「選び抜かれた」と伝えることで人材としての価値が非常に高いことと、今後への期待の旨を伝えています。

「選び抜かれた」の例文2

「今度の対戦相手は全国からスカウトで選び抜かれた人たちを集めたチームだ。しかし今の私たちのチームの実力なら勝てる」

この場合、相手チームの特徴について伝えています。

相手チームは全国の選りすぐりの選手を選んで集めたチームとなり、実力も非常に高いと判断しており、そのことを強調するために用いられています。

それと同時に現状での自身のチームの実力であれば勝つこともできると鼓舞しています。

「選び抜かれた」の例文3

「わが社の商品はすべて選び抜かれた材料から作られています。そのため商品の品質も十分に高いと自負しております」

この場合、自社の商品の品質の高さを説明しています。

その根拠・背景として商品の材料は非常にしっかりとより物を選んでいるためです。

選ばれた材料の品質の高さ・価値から「選び抜かれた」と使っています。

「選び抜かれた」の英語と解釈

「選び抜かれた」という言葉を英語で訳すにあたり、直接的な解釈では“choice”とされています。

“choice”は形容詞であり、選ばれたという解釈となります。

そのため最上級の“choicest”を使ったり、“choice”の前後に強調する言葉をつなげることで「選び抜かれた」と解釈されます。

また注意深く選ぶと解釈する場合には“Carefully selected”と表現され、解釈の仕方によって表現・ニュアンスも変わってくるため注意が必要です。

「選び抜かれた」の類語や類義表現

「選び抜かれた」という言葉は選ばれたものの価値や重要性を強調した言葉であり、類語・類義表現も存在します。

意味や使い方を混同しないためにもどのようなものがあるか、例を紹介します。

「厳選された」

この言葉の意味として、非常に厳しい基準や判断のもとに選ばれたという意味となります。

選ぶにあたりしっかりと考え抜かれた・厳しく審査したとされるため、類語として扱われています。

「フィルターを通した」

この言葉の意味として、選ぶにあたり「フィルター」という一つの基準・壁を越えたものという意味を持ちます。

「フィルター」は一定以上のものを通すがそれ以下は通しません。

そのため「フィルターを通した」ということは一定水準以上のものであると証明することになり、選ばれたものとして類義表現とされています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典