スポンサーリンク

「遺志」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「遺志」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「遺志」の意味を分かりやすく説明していきます。

お葬式にゆかりのある言葉を、覚えていきましょう。

スポンサーリンク

「遺志」とは?意味

遺志(いし)とは、亡くなった方の思いのこと。

生前に果たすことができなかった、無念の気持ちをあらわしています。

そのため残された遺族などが故人の気持ちを思いやり「故人の意志を受け継ぐ」という言い方をします。

あの世に旅立った人のやり残した仕事、ずっと温めていた志が遺志です。

「遺志」という熟語には「遺」「志」という2つの漢字が用いられています。

「遺」には「置き去りにする、残していく」という訳があります。

そして「志」「願望や願い」のこと。

つまり「遺志」には、この世に託していった故人の希望や願いという意味になります。

逝去した方の、生前の夢が「遺志」です。

「遺志」の概要

「遺志」という言葉は、お葬式のシーンで喪主がつかう言い回しです。

例えば出棺の挨拶をおこなうとき「故人の遺志を受け継いで、家族で力をあわせて頑張っていく所存でございます」などと使います。

また職場の関係者が遺族に対して弔辞を送るとき「社員が一丸となって、先生のご遺志を受け継いでまいります」という言い方をします。

亡くなった方の思いや、意向をあらわすのが「遺志」です。

ちなみに「遺志」とよく似た熟語に「意思」「意志」があります。

意思は個人の思いのこと。

意志は、個人の信念をあらわします。

喪の席では「意志」「意思」は用いられず、この世に伝えていったという意味で「遺志」をつかいます。

弔電を打つときなどには、留意しておきましょう。

「遺志」の言葉の使い方や使われ方

「遺志」はこのように使います。

・『亡き父の遺志を受け継いで、家業を継ぐことにした』
・『親友の遺志を受け継いで、公園の清掃活動に励んでいる』
・『故人の遺志を受け継ぎ、職務に邁進してまいります』
「遺志」は亡くなった方が、生きている人に託す思いのこと。

そのため「バトンを受け取る」という意味合いで使われます。

「遺志を継ぐ」「遺志を受け継ぐ」と使います。

「遺志」の類語や言いかえ

「遺志」と同じような言葉に、次の用語もあります。

・故人の思い
・先代の思い
・在りし日の願い
「遺志」には亡くなった方が、生前に思っていた考えや志を指します。

そのため「故人の思い」「亡き方の思い」と置きかえできます。

また「先代」とは、今の当主よりひとつ前の代のこと。

使われるシーンが限られてくるので、注意しておきましょう。

このほか「在りし日の希望」「在りし日の思い」なども代用できます。

まとめ

「遺志」の意味と使い方を、おさらいしました。

「遺志」とは亡くなった方の志のこと。

仕事観や人生観などをあらわします。

そのためお葬式のシーンで、家族や関係者が用いる表現になります。

「故人の遺志を受け継ぐ」「亡き方の遺志を継ぐ」という言い回しをします。

いざという時に役立ててみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典