「邀撃」と「迎撃」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「邀撃」と「迎撃」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「邀撃」「迎撃」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「邀撃」とは?

「邀撃(ようげき)」とは、「敵をある程度意図的に誘い出してから迎え撃つこと」を意味している言葉です。

「邀撃」という表現には、「敵を戦術的にこちら側に引き寄せてから、待ち構える形で迎え撃つこと」といった意味のニュアンスがあるのです。

「迎撃」とは?

「迎撃(げいげき)」とは、「攻め寄せてきた敵を迎え撃つこと」を意味している言葉です。

「迎撃」という表現には、「こちら側に攻め込んできた敵を、(やるしかない必要性にも迫られて)迎え撃つこと」といった意味のニュアンスがあります。

「邀撃」と「迎撃」の違い!

「邀撃」「迎撃」の違いを、分かりやすく解説します。

「邀撃」「迎撃」はどちらも「攻め寄せてきた敵を迎え撃つこと」を意味している言葉ですが、「邀撃」というのは「敵をある程度意図的におびき出してから、戦術的に迎え撃つこと」を意味しています。

「邀撃」に対して「迎撃」のほうは、「攻めてきた敵を(やらなければやられる必要にも迫られて)受け身の形で迎え撃つこと」を意味している違いがあります。

「邀撃」のほうが「迎撃」よりも、「やや積極的かつ戦術的に待ち構えて迎え撃つのニュアンス」が強くなっているのです。

まとめ

「邀撃」「迎撃」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「邀撃」とは「敵を戦術的に引き寄せてから迎え撃つこと」を意味していて、「迎撃」「攻めてきた敵を迎え撃つこと」を意味している違いがあります。

「邀撃」「迎撃」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典