スポンサーリンク

「都合がつく」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「都合がつく」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「都合がつく」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「都合がつく」とは?意味

何かをするのに具合がよい、やりくりする目処が立つ、という意味です。

「都合」には4つの意味があります。

1つめは、物事をするときにそれに影響を与える事情です。

たとえば、ある人が会社を早退したとします。

この時の理由が「一身上の都合」です。

早退という事柄に何かが影響を与えており、その影響を与える事情を意味します。

2つめは、何かをするのにぐあいがよいか悪いかです。

明日映画に行きませんかと誘いを受けました。

しかし、明日はやることがあるのでぐあいがよくありません。

これを「都合が悪い」といいます。

3つめはやりくりすることです。

必要な金銭を工夫する、予定をうまくあわせるといった意味になります。

4つめは合計です。

「都合10人」といった使い方をします。

「つく」は定まった状態になる、解決するという意味です。

こういったことから、この言葉は何かをするのにぐあいがよい、やりくりする目処が立つといった意味になります。

「都合がつく」の概要

何かをするのにぐあいがよいときもあれば、悪いときもあります。

ぐあいがよい場合がこの言葉が意味するものです。

テレビ出演のことで説明をします。

ある番組に出演する人が決まっていたのですが、その人が突然出られないことになりました。

そのため、代わりに出てくれる人を探す必要があります。

しかし、突然のことなのでなかなか見つかりません。

この人がいいだろうと思う人にあたるのですが、その人たちはすでにスケジュールが埋まっていました。

都合がよくないのです。

なかなかいい人が見つかりませんが、誰かを探さなければなりません。

何度か断られましたが、諦めずに出演者を探し続けました。

いろいろと探した結果、何とかテレビ出演ができる人が見つかりました。

収録する日のスケジュールが空いていたのです。

この人は、テレビ出演をするのにぐあいがよかったということができます。

それを指す言葉です。

今度は開業のことで説明をします。

ある人が飲食店を開業することにしました。

そのためには、店舗を探すことと機材を購入する必要があり、そのための金銭を用意する必要もあります。

貯金だけでは足りず、どこかから集めてくる必要があります。

銀行や友人に相談をした結果、必要な金銭を集めることができました。

金銭をうまくやりくりできたのです。

このさまが「都合がつく」が意味するものです。

「都合がつく」の言葉の使い方や使われ方

何かをするのにぐあいがよい、やりくりの目処が立つという意味で使用をします。

スケジュールや金銭について使うことが多いです。

「都合がつく」の類語や言いかえ

「工面する」が似た意味の言葉です。

特に金銭についていいます。

まとめ

何かをするときには、ぐあいの良し悪しがあります。

ぐあいがよい場合のことを、この言葉は意味しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典