スポンサーリンク

「都度」と「適宜」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「都度」と「適宜」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

会社で耳にする表現には、不明瞭な言葉もあります。

この記事では、「都度」「適宜」の違いを分かりやすく説明していきます。

アバウトな言葉を、正しく知っていきましょう。

スポンサーリンク

「都度」とは?

都度(つど)とは「毎回」のこと。

その度ごとに、もらさず全部おこなうことです。

これからも同じように進めて欲しいとき、今回のパターンを繰り返して欲しいときに用います。

「都度」の漢字には「都」という文字がはいっています。

「都」には「すべて」という意味があります。

そして「度」「回数」という訳があります。

つまり都度で、すべての回のこと。

もれなく毎回おこなうことです。

仕事では「その都度、ご確認をお願いいたします」などと使います。

これは「毎回、きちんとチェックしてください」の丁寧な表現です。

「毎回、確認してください」だとあまりにストレートな物言いに聞こえてしまうので「都度」というオブラートに包んだ表現に言い換えているのです。

言いたいことは主張しつつ、相手に傷を与えすぎないのが「都度」という便利な言い回しです。

「適宜」とは?

適宜(てきぎ)とは、場に従って臨機応変な行動をおこなうこと。

ほどよい回数で済ませることです。

信頼している相手に、仕事をゆだねる言い方が「適宜」になります。

適宜の「適」は、ふさわしいこと。

そして「宜」はよろしいことです。

つまり物事がよろしく進むように、その場にあった「ふさわしい行い」をすることが「適宜」になります。

ルールやマニュアルは無いけれども、自分の頭で考えてベストな対応をとるのが適宜です。

仕事の現場では「適宜、ご連絡をお願いいたします」などと使います。

この場合の「適宜」というのは、仕事の状況に応じて「報告した方がいいと思ったことは、報告してください」という意味になります。

物事の重大さを自分で判断して、行動することが「適宜」です。

「都度」と「適宜」の違い

どちらも仕事の場で、よく耳にする表現です。

「都度」「適宜」の違いを、分かりやすく解説します。

・毎回の「都度」、不定期の「適宜」
都度と適宜は、どちらも「どこからどこまで」という明確なルールがないので、分かりにくいです。

都度は「毎回」という意味があります。

コンスタントに続けて、同じことをおこなう様子をあらわします。

「その回ごとに必ず」というニュアンスが含まれるので、念には念をいれて欲しいときに用いられます。

また「適宜」「都度」よりも、ゆったりとした表現になります。

「その場にあった、ほどよい回数」を適宜といいます。

それぞれのベストなタイミングで、仕事をおこなうことです。

より強制力が強いのが「都度」

仕事相手の自主性を尊重しているのが「適宜」です。

まとめ

「都度」「適宜」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらも会社でよく耳にする表現になります。

都度とは「毎回」のこと。

その度ごとに、必ずおこなうことです。

また「適宜」とは、その場その場の判断でおこなうこと。

決まりに縛られず、ベストなタイミングでおこなうことです。

うやむやな言葉を正しく知って、仕事力を上げていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典