スポンサーリンク

「配水管」と「排水管」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「配水管」と「排水管」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「配水管」「排水管」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「配水管」とは?

浄水などを給水区域内に配るための管です。

水が各家庭に届くまでを簡単に説明します。

まず、河川や貯水池などから浄水場に水が送られ、ここで水が浄化されます。

その後、配水場に水が届けられ、そして各家庭に届きます。

配水場からではなく、浄水場から各家庭の近くまで水が届けられることもあります。

配水場から家庭の近くまで水を運ぶために使われるものが「配水管」です。

給水区域内に網の目のように張り巡らされています。

自然圧を利用したり、ポンプの圧力を利用したりして、水を流していきます。

管の元は太くなっており、先に行くほど細くなります。

人間の体に張り巡らされている血管は、心臓に近いほど太く、体の先に行くほど細くなっています。

「配水管」もこれと似ていて、元の方が太く、先の方が細いです。

「配水管」は家庭内にまで伸びているのではありません。

家庭の近くにある管から給水管が伸び、給水管によって家庭内に水が届けられます。

「配水管」の使い方

浄水などを配るために使われる、給水区域内に張り巡らされている管を指して使用する言葉です。

「排水管」とは?

不要な水を排出するための管です。

食器洗い、洗濯、入浴などで使用した不要な水は、家庭の外に排出されます。

このときに水が流れていく管が「排水管」です。

シンク、風呂、トイレなど、水を使用する各部に設置されています。

管の太さは、設置場所によって異なります。

たいていの場合、40mm~50mmほどです。

この管を通って下水道管に水が流れていきます。

「排水管」は各家庭内に設置されているため、この部分が詰まった場合は、各家庭で対処をすることになります。

排出される水には、油、垢、ホコリ、髪の毛などさまざまな物が混入しています。

これらが管にたまってしまうと、管内の水の流れが悪くなります。

「排水管」の使い方

不要になった水を排出するための管を指して使用する言葉です。

「配水管」と「排水管」の違い

2つの言葉が指しているものは、水が流れる管です。

水が流れる管という点では同じなのですが、流れるものがどのような水なのかという点に違いがあります。

「配水管」を流れるのは浄水で、「排水管」を流れるのは不要になった水です。

「配水管」から給水管を通って各家庭に水が配られ、これを使った後に「排水管」から排出されます。

「配水管」の例文

・『配水管の点検をする』
・『長い年月が経つことで配水管が劣化した』
・『配水管の工事を行います』
・『配水管の破損が見つかった』

「排水管」の例文

・『排水管がつまってしまった』
・『排水管のトラブルを業者にみてもらう』
・『洗浄剤を使って排水管を掃除する』
・『排水管のニオイが気になる』

まとめ

水の流れる管を指している2つの言葉ですが、どのような水が流れるのかという点に違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典