スポンサーリンク

「配置」と「配属」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「配置」と「配属」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「配置」「配属」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「配置」とは?

「配置」は、場所に設置を可能とする物であればなんでも「配置」という言葉を使用して場所に設置をすることができます。

例えば、人を「配置」とした場合、場所を指定することでその人材をその場所に設置することができ、この設置状態にある状況下を「配置」と呼ぶのです。

なお「配置」はできる、できないが存在し、例えば溶岩の中に人を「配置」することはできませんが、雨が降りしきる野球場に人を「配置」することはできるなどできる、できないが存在します。

「配置」の使い方

「配置」は、人や物など場所に設置することができるものを初めて配備して設置が完了されると「配置」完了となります。

つまり、「配置」は人や物を設置する際に使用します。

「配属」とは?

「配属」は、人間が役割を与えられた部署に移動することを「配属」と呼びます。

「配属」もできない屋できるが存在し、完了または不可などという言葉で、人材が決められた部署に移動できたかできなかったかを示すことに使用します。

「配属」の使い方

「配属」の使い方は、人間が決められた部署に行くべきである場合、対象者に対して使用するのです。

この時、「配属」を命じれられたものは断る権利もありますが、断る場合、それ相応の理由の他、代理人を探すなどの作業を必要とすることが多いです。

「配置」と「配属」の違い

「配置」「配属」の違いは、お仕事などの部署間を移動するだけであるか、場所という様々なフィールドを移動しそのエリアに移動することであるかという違いです。

「配置」は、決められたフィールドに移動し、設置が確認されれば、「配置」完了となります。

ですが、「配属」は人間がお仕事を行う部署に行くことにあり違いはお仕事を行う場所を主としているか、場所という様々なエリアを設置場所としているかという違いです。

「配置」の例文

・『戦車部隊の配置が完了しました』

この例は、指定されたエリアに戦車を配備し、すでに設置が負えているおことを示している例です。

「配置」は、指定された場所に設置することを重点としているためこの場合、「配置」が望ましいです。

「配属」の例文

・『戦車部隊に配属が決まりました』

この例は人事異動で戦車部隊に移動が決まったという例です。

「配属」はお仕事をしている環境が変化することにあるため、この例では「配属」とすることで戦車部隊へとお仕事場所が移動したとします。

まとめ

「配置」「配属」の違いは、場所というフィールドに対象となるものを設置するか、お仕事で別の部署などに移動を求められるかという違いです。

「配属」はお仕事で別の部署に移ることですが、「配置」は、場所というフィールドを主に対象となるものを設置することにあります。

両者は、できるできないが存在していますのでできる場合は「配置」完了や「配属」完了として展開ができたとし、できない場合は、「配置」不可や「配属」不可などでできないとすることができるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典