スポンサーリンク

「配達証明」と「内容証明郵便」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「配達証明」と「内容証明郵便」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「配達証明」「内容証明郵便」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「配達証明」とは?

配達証明は、はいたつしょうめいという読み方をする言葉です。

文字で表記されているのを見れば分かる様に、荷物や手紙等を指定された家に送り届けるという意味を持つ配達と、物事や判断等に関する真偽を証拠を挙げて明らかにするという意味を持つ証明を合わせる事で生まれた言葉となっています。

だからこそ配達証明は、郵便物の特殊取り扱いの1つで郵便物を受取人に配達したという事実を差し出し人に証明する制度です。

「配達証明」の使い方

配達証明は郵便物の特殊取り扱いの1種であるため、自然と郵便に関連して使われる事になるのです。

具体的には、郵便を受け取る際や差し出し人として郵便物を送る際に、この配達証明という言葉が登場する可能性があります。

「内容証明郵便」とは?

内容証明郵便とは、ないようしょうめいゆうびんと読むべき言葉です。

漢字表記を見れば分かる様に中身という意味を有する内容に、証拠をたてるという意味がある証明を加え、更に信書や物品を宛先に届けるという郵便を足して出来た言葉となっています。

そのため内容証明郵便は、何時どの様な内容の文章を誰から誰宛てに送ったのかを証明する事が出来る制度を表す言葉です。

「内容証明郵便」の使い方

内容証明郵便は、名前を見れば分かる様に郵便局が提供するサービスの1つとなっています。

そのためこの内容証明郵便という言葉が用いられるのは、基本的に郵便に関連した話題に限られるのです。

具体的には郵便物を送るか、或いは受け取る際にこの言葉が使われる可能性があります。

「配達証明」と「内容証明郵便」の違い

配達証明と内容証明郵便は、どちらも郵便事業に関連して使用される言葉同士です。

しかも互いに郵便局で利用可能なサービスとなっているので、混同してしまう可能性があります。

もっともサービス内容を比較し違いを理解すれば、混同する事を回避可能です。

ちなみに配達証明とは、シンプルに受取人にきちんと郵便物を配達した事を差し出し人に報せるサービスとなっています。

一方の内容証明郵便は、もっと詳しく誰から誰にどの様な文章を送ったかという事を郵便局が証明してくれるというサービスです。

だからこそ金銭が絡む等の内容が重要な文章を送る際に、この内容証明郵便が使われる事が多くなっています。

「配達証明」の例文

・『間違いなく荷物を送り届けたという事実を確認したいなら、配達証明を利用すべきです』

「内容証明郵便」の例文

・『非常に重要な文章を送るので、私は内容証明郵便を使って相手に送る事にしました』

まとめ

2つの言葉は、共に郵便局で利用可能なサービスです。

なのでいざその様なサービスを利用する際に、どっちがどっちであるか分からなくなってしまう可能性はあります。

だからこそ2つの言葉の違いを、明確に理解しておくべきです。

まず配達証明はシンプルに、宛先に郵便物を届けた事実を差し出し人に報せてくれます。

一方の内容証明郵便は、誰が誰にどの様な内容の文章を送ったかを郵便局が証明してくれる制度の名前です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典