「重大な支障」とは?意味や言い換え!例文と解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「重大な支障」とは?

「重大な支障」とは、「物事を進めるに当り、極めて大きな差し障りがある障害」、あるいは「非常に大きな壁となって立ちはだかる問題」といったような意味になります。

「重大な支障」の読み方

「重大な支障」とは「じゅうだいなししょう」と読みますが、難しい読み方ではありませんので、間違った理解にならないように、ここでしっかりとチェックしておきましょう。

「重大な支障」の英語と解釈

「重大な支障」を英語で訳すと、“serious troubles”という言葉で表現することができます。

「重大な支障」の表現の使い方

「重大な支障」「極めて悩ましい大きな障害」という解釈となるので、何かを進めるに当り、そのことが全く進まないようなトラブルが発生した時などに使うことになります。

「重大な支障」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「重大な支障」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしみてみることにしましょう。

「重大な支障」を使った例文1

「明日からの本番稼働で重大な支障をきたさないように注意しながら運用に入ることにした」

ビジネスでこのようなシーンがありますが、この例文ではシステムを稼働させる時に、トラブルが発生しないように「重大な支障」の発生要因を潰しながら、安定稼働を目指そうとしていることを言っています。

何か大きなトラブルが発生してしまえば、それだけでその後の障害が大きな損失となっていく可能性もあります。

ちょっとしたミスレベルであれば、回復のしようもありますが、周りに大きな迷惑をかけてしまわないように、入念に確認をしていく必頭があります。

「重大な支障」を使った例文2

「このまま今の状態でプランを進めていくと、今後の続行に重大な支障が発生しまいます」

「重大な支障」とは「これから重大な問題が起こる可能性がある」ということになるのですが、いま続行しているプランを継続するに当り、重大な問題が起こる可能性はあることを示唆しています。

ビジネスの場面では、既に進めている計画でも、想定外のことが起こり、大きな問題となる可能性があります。

そのために、事前に先回りして潜在的な問題点を解決することをしなくてはなりません。

「重大な支障」の類語や類義語・言い換え

「重大な支障」を他の言葉で言いかえるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにしましょう。

「不都合」【ふつごう】

「不都合」という言葉が「重大な支障」の類義語として挙げることができます。

「都合が悪い」「不届き」という意味で使われています。

「深刻な問題」【しんこくなもんだい】

「深刻な問題」という表現も「重大な支障」の言い換えとして使うことができます。

「物事や事象の中に存在していることが、容易に解決できない問題である」ということを指していますが、このような「深刻な問題」にならないように、しっかりと物事を進めている必要が出てきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典