「重量」と「質量」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「重量」と「質量」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「重量」「質量」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「重量」とは?

「重量(じゅうりょう)」とは、「その物体にかかっている地球の重力・引力」のことを意味しています。

「重量」というのは、「計測する環境・高さ(高いほど軽い)によって変化する相対的な量」を意味している物理用語・概念なのです。

「重量」の単位は「N(ニュートン)」であり、「1N=102g(102グラム)」として質量に換算することができます。

「重量」とは「どれだけの引力で物体がひっぱられているかの度合い」であり、「重量=質量×重力加速度」で計算できます。

「質量」とは?

「質量(しつりょう)」とは、「その物体自体が持っている固有の量」のことを意味しています。

「質量」というのは、「どんな環境で計測しても変化することがない絶対的な量」「その物体の動かしにくさの度合い」を意味している物理用語・概念なのです。

「質量」の単位は、「kg(キログラム)・g(グラム)」になります。

「重量」と「質量」の違い!

「重量」「質量」の違いを、分かりやすく解説します。

「重量」「質量」「物体の量に関する用語・概念」ですが、「重量」というのは「その物体にかかっている地球の重力・引力」を意味していて、「質量」のほうは「その物体が持っている固有の量」を意味している違いがあります。

「重量」「環境・高度によって変わってくる相対的な重力の量」ですが、「質量」のほうは「どんな環境でも変わることがない絶対的な固有の量」を意味している違いを指摘できます。

「重量」の単位は「N(1N=102グラム)」を用いますが、「質量」の単位は「kg(キログラム)・g(グラム)」を用いる違いもあります。

まとめ

「重量」「質量」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「重量」とは「物体にかかっている重力(地球がその物体を引っ張る力)」「環境・高度などによって変化する相対的な量」を意味していて、「質量」「物体そのものが持っている固有の量」「どこで計測しても同じになる絶対的な量」を意味している違いがあります。

「重量」「質量」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典