「野焼き」と「焚き火」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「野焼き」と「焚き火」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「野焼き」「焚き火」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「野焼き」とは?

「野焼き」の意味と使い方について紹介します。

「野焼き」の意味

「野焼き」「のやき」と読みます。

意味は、「春の始めに、野山に新しい草がよく生えてくる様に、枯れ草に火を付けて焼くこと」「野外で廃棄物を焼却する行為」です。

「野焼き」の使い方

「野焼き」には以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は元の意味で「春先に、野山に新しい草がよく生えてくる様に、枯れ草に火を付けて焼くこと」で、土をリセットして、新たに生えてくる新しい草の肥料としたり、害虫を駆除する効果があります。

日本の伝統的な農業で、広範囲に渡って地面を焼く時に使われます。

2つ目は上記から転じて「野外で廃棄物やゴミなどを焼却する行為」という意味で、田舎の田んぼや畑など個人の敷地内で、家具やゴミなどを燃やすことを言います。

日本では、森林法により「野焼き」は各地方自治体の許可を得なければなりません。

また、廃棄物の焼却について業務上やむを得ないもの以外は禁止されています。

つまり、2つ目の意味での「野焼き」は違法行為に当たるのです。

「焚き火」とは?

「焚き火」の意味と使い方について紹介します。

「焚き火」の意味

「焚き火」「たきび」と読みます。

意味は「野外で集めた落ち葉や木の枝などを燃やすこと」「明かりや暖を取る為に薪を燃やすこと」です。

「焚き火」の使い方

「焚き火」には以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は「野外で集めた落ち葉や木の枝などを一箇所に集めて燃やすこと」という意味で、直接地面で行います。

2つ目は「明かりや暖を取る為に薪を燃やすこと」という意味で、アウトドアで焚き火台を使って行います。

ただし、「焚き火」も法律や条例で制限・禁止されていることが多く、指定されたキャンプ場やBBQエリア、自宅の敷地内などに限定されています。

「野焼き」と「焚き火」の違い!

「野焼き」「春の始めに、野山に新しい草がよく生えてくる様に、枯れ草に火を付けて焼くこと」「野外で廃棄物を焼却する行為」です。

「焚き火」「野外で集めた落ち葉や木の枝などを燃やすこと」「明かりや暖を取る為に薪を燃やすこと」です。

まとめ

今回は「野焼き」「焚き火」の違いをお伝えしました。

「野焼きは農業や焼却目的」「焚き火は単に火を起こすこと」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典