スポンサーリンク

「野生化」とは?意味や使い方、例文や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「野生化」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

自然界には色々な動物が住んでおり、それぞれの環境を維持しながら生きています。

この状態は野性的なものとして分別されることが多いのですが、それとは別に人間や他の要因によって自然だけで生きていくようにする計画が立てられるようになりました。

これを「野生化」と表すのですが、この言葉は現代の問題に絡んで様々な意味を持つため、色々な場面で使用されています。

この記事では、「野生化」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「野生化」とは?意味

「野生化」は人間以外の動物や植物が、自力で生活をしたり成長するようになることを意味します。

「野生」の意味には動植物が自力で生活したり自生するというものがあり、これに手を加えるという意味が合わさると「野生化」になります。

すなわち何らかの要因や人間の計画によって、自然や動植物が自生できるようになることを「野生化」と言います。

また本来の意味とは違い、俗語としては「野生化」は人間などが野蛮な暴力をふるうようになる例えとしても使われます。

人間的な抑制を失ったり、突然暴力的になるなどの行為を取る人間を野生的な動物に例えて「野生化」したという意味で使われることもあります。

「野生化」の概要

「野生化」は人間以外の動植物が自力で生活をしたり自生することを表す言葉ですが、最近の使い方としては環境汚染や環境破壊によって自然が失われたり汚れたりすることへの回復を示すことも多いのが特徴です。

野生化は最終的に自生することを目的としているので、人間の手による介入や回復行為などは初期の部分のみとなります。

「野生化」はこのような将来的な自然回復の計画として行われることが多いのすが、その原因は人間の環境汚染や環境破壊というものがあり社会問題となっています。

「野生化」はこれ以外の社会問題のプロセスを表すこともありますが、特に最近では外来種やペットを捨てることによる動物の「野生化」はかなりの問題となっています。

特定のエリアにいる生態系をこれらの持ち込まれた外来種や捨てられたペットが「野生化」して入り込むと、その環境が一転して破壊されたりバランスが崩れてしまうので、色々な対策が検討中です。

「野生化」の言葉の使い方や使われ方

「野生化」は自然がありのままで生きていけることあり、極力人間の介入を防ぐという点が重要視されています。

自然回復プロジェクトのように良い意味で使われることも多いのですが、外来種やペットの「野生化」などは問題視されることもあり、自然と人間の関わり方を考えさせられる言葉なのです。

「野生化」を使った例文

・『火災のあった土地の再野生化するために、国際的なプロジェクトが立ち上がった』
・『野生化した外来種の問題は近年深刻な問題となっている』
・『彼はあの事件から野生化したように怒りっぽくなり、暴力をふるうようになった』

まとめ

「野生化」は自然がありのままに生きていける状態を表すものであり調和が取れた状態を示します。

一方で外来種の「野生化」は自然のバランスを崩すものとして深刻な問題となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典