スポンサーリンク

「鉄道」と「電車」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「鉄道」と「電車」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「鉄道」「電車」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「鉄道」とは?

「鉄道」は、鉄のレールを敷き詰めた道のことを指し、列車自体を運行するシステムそのものです。

つまり、「鉄道」は列車を運行するうえで必要なシステムすべてで運行管理の他信号システムに至るまでが「鉄道」です。

「電車」とは?

「電車」は、電気を動力にして、鉄のレールの上を走行する乗り物です。

電気を主体としていれば、「電車」になり、電機以外であれば、ディーゼルエンジンなどが当たり、ディーゼルエンジンの場合ディーゼル車という名目になります。

なお、レールの上を走行する乗り物すべてをひとまとめに、「列車」と呼びます。

「鉄道」と「電車」の違い

「鉄道」「電車」の違いは、「列車」というレール上を走行する乗り物すべてを統括するシステムであるか、単に「列車」という一つの乗り物であるかという違いです。

「鉄道」は、あくまでシステムなので走行する乗り物のことは指していません。

一方電車は、「鉄道」を走行する乗り物の一つです。

「鉄道」の例文

・『東海旅客鉄道』 この例は、「東海旅客鉄道」というシステムそのものを指しています。

「鉄道」は、一つのシステムのことを指し、レール上を走行するシステムになります。

この例では、東海旅客鉄道がまさに一つのレール上を走行するシステムだとする例です。

・『鉄道会社に入社する』 この例は、「鉄道」を管理する会社に入社するという例です。

「鉄道」は、レール上を走行する乗り物を管理するシステムになり、この例はシステムを管理する会社に入社したという例になります。

「電車」の例文

・『阪急電車に乗る』
この例は、阪急電車という、電気で走行する「列車」のことを指します。

「列車」には種類があり、電気の他ディーゼルエンジンにガソリンなどを動力とする物があり、それら動力を持つ者を「列車」というグループでひとくくりにします。

・『阪神電車に乗る』
この例は、阪神電車という電気で走行する「列車」に乗った例です。

電気で動くが故「電車」でそれ以外を動力としている場合、ガソリンであればガソリン車になります。

まとめ

「鉄道」「電車」の違いは、レール上を走行する乗り物を管理するシステムを指すか、「列車」というレールの上を走行する乗り物の一つだけを指すかです。

「鉄道」は、レール上を走行する「列車」を管理するシステムになります。

一方「電車」は電気で走行する「列車」の一つで列車はこれ以外にも動力を得て走行するものがあります。

例えば、「ディーゼルエンジン車」はディーゼルエンジンが列車の動力に使用されており、ガソリンを使用したものも存在しておりさまざまな「列車」という車両があります。

「鉄道」はとりあえず、「列車」という物すべてを統括しているとしたうえで、その一つに「電車」という電気で動く仕組みがあるのです。

また、「電車」は電気で走行するもの以外を言う場合もありますが、基本電気で走行するもののみを指し、動力が分からない場合、「列車」と呼べばよいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典