スポンサーリンク

「長時間」と「長期間」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「長時間」と「長期間」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「長時間」「長期間」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「長時間」とは?

「長時間」には、ある時刻とある時刻の間が長いことという意味があります。

長いとは間隔が大きいことです。

どれくらいが長いのかは、そのときどきやそれぞれの人の感じ方によって違います。

5分を長いと感じる人もいれば、1時間は長くないと感じる人もいるのです。

ものすごくお腹が空いているときは、カップ麺ができあがるまでの3分間を「長時間」に感じることでしょう。

しかし、お腹がそれほど空いていないときや、他のことを考えているときなどは、3分間をそれほど長くは感じません。

恋人とのデートのとき、相手がやってくるまでの待ち時間を長く感じることがあります。

早く相手に会いたいという気持ちが強いと、会えるまでが待ち遠しくなります。

ゲームを夢中になっていると、1時間や2時間などあっという間に過ぎてしまいます。

しかし、学校の授業が1時間もあると「長時間」に感じられます。

このように、長いとはどれくらいの間隔なのか、そのときどき、その人それぞれで違い、何を「長時間」と感じるのかも違います。

「長時間」の使い方

長い時間のことを指して使用します。

長い時間とは何分という定義はなく、その人が長いと感じれば「長時間」になります。

「長期間」とは?

「長期間」には、ある期日や日時から、他のある期日や日時までの間隔が長いことという意味があります。

どれくらいの間隔を「長期間」と感じるかは、そのときどき、その人それぞれで違います。

小学生のころの夏休みはあっという間に過ぎてしまいます。

40日前後の期間、夏休みがあり、数字としてみると長く感じますが、夏休みを過ごしてみると短く感じます。

同じ40日でも、嫌な仕事をする毎日だと長く感じることでしょう。

大学でレポートを提出してくださいと言われたとします。

期間は3週間後までです。

これまでレポートの準備をしてきた人ならレポート提出まで十分な時間があり、「長期間」準備の時間をとれると感じることでしょう。

しかし、まったく準備をしていなかった人にとっては3週間は短く感じるかもしれません。

このように、どのくらいの間隔を「長期間」と感じるかは、そのときどき、人それぞれで違います。

「長期間」の使い方

長い期間のことを指して使用します。

どれくらいが長い期間なのかという定義はありません。

「長時間」と「長期間」の違い

どちらの言葉も「長い」という意味を含んでいますが、何が長いのかが違います。

「長時間」の場合は時間、「長期間」の場合は期間です。

「長時間」の例文

・『長時間休憩をしていた』
・『いつの間にか長時間が経っていた』
・『長時間座っていても疲れない椅子』
・『長時間の作業に適している』

「長期間」の例文

・『長期間留守にします』
・『長期間美容院に行っていなかった』
・『長期間を要することが予想されます』
・『長期間の利用を許可します』

まとめ

2つの言葉には長いという意味が含まれていますが、「長時間」は時間が長いこと、「長期間」は期間が長いことで、何が長いのかという点で意味が違う言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典