「長芋」と「山芋」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「長芋」と「山芋」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「長芋」「山芋」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「長芋」とは?

「長芋」の意味と概要について紹介します。

「長芋」の意味

「長芋」「ながいも」と読みます。

意味は「ヤマノイモ科ヤマノイモ属ナガイモに分類される植物で、水っぽく粘りが少ないもの」です。

「長芋」の概要

「長芋」は、「ヤマノイモ科ヤマノイモ属ナガイモ」に分類される植物です。

原産地は中国で、名前通り細長く、50センチから80センチほどの棒状をしています。

スーパーなどではカットされて販売されています。

「長芋」は夏にお店に出回ることが多いのですが、年間を通じて市場に出回っています。

「長芋」の特徴として、水っぽく粘り気が少ない点があります。

すりおろした時に、すりこぎにくっついてこない程度です。

食べ方は、刻んで酢の物にしたり、すって納豆やそばの上からかけることもあります。

熱を通せば粘りが取れてほくほくになります。

「山芋」とは?

「山芋」の意味と概要について紹介します。

「山芋」の意味

「山芋」「やまいも」と読みます。

意味は「ヤマノイモ科ヤマノイモ属ヤマイモに分類される植物で、粘り気が強いもの」です。

「山芋」の概要

「山芋」は、「ヤマノイモ科ヤマノイモ属ヤマイモに分類される植物」です。

正式には「ヤマノイモ」と呼ばれ、山に生息する地下茎のイモのことで、「自然薯(じねんじょ)」「大和芋」などとも呼ばれています。

「山芋」にはシュウ酸カルシウムという物質が含まれ、皮膚に付くと強いかゆみの原因になります。

秋ごろから春にかけて旬を迎え、とろろにして食べるのが一番おいしいと言われています。

粘り気が強く、すりこぎにそのままくっついて持ちあがってくるほどです。

「長芋」と「山芋」の違い!

「長芋」「ヤマノイモ科ヤマノイモ属ナガイモで、粘り気が弱く風味があっさりしているもの」です。

「山芋」「ヤマノイモ科ヤマノイモ属ヤマイモで、粘り気が強く風味がしっかりしているもの」です。

まとめ

今回は「長芋」「山芋」の違いをお伝えしました。

「長芋はあっさり」「山芋はねっとり」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典