スポンサーリンク

「閲覧」と「観覧」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「閲覧」と「観覧」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「閲覧」「観覧」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「閲覧」とは?

「閲覧」には、雑誌・新聞・書籍・ウェブページなどを調べながら読むことという意味があります。

「閲」という漢字には、しらべる、けみする、よく見てしらべるという意味があります。

「覧」という漢字は、広くながめる、よく見るという意味を持っています。

「閲覧」はよく見るという意味を持つ漢字を2つ並べて言葉です。

つまり、雑誌や新聞などをただ眺めるだけでなく、よく見る、つまり調べながら読むことを意味します、

「観覧」とは?

「観覧」は見物することです。

特に出かけて行って何かを見ることに使われる言葉です。

たとえば、芝居の観覧、展示品の観覧などです。

「見物」もどこかに出かけて見るという意味がありますが、特に「でかける」という意味合いを強く持っています。

それに対して「観覧」は、人々に見せるために用意されているものを見ることを意味します。

「閲覧」と「観覧」の違い

「閲覧」は調べながら読むことです。

雑誌・新聞・書籍・ウェブサイトなどに対して使われます。

「観覧」は見物することです。

人々に見せるために用意されているものを、出かけて行って見ることを意味します。

まとめ

「閲覧」「観覧」は、どちらも見ることに関して使われる言葉ですが、何を見るのか、どう見るのか意味が異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典