スポンサーリンク

「閾値が低い」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「閾値が低い」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、慣用句の「閾値が低い」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「閾値が低い」とは?意味

「閾値が低い」の読みは「しきいちがひくい」もしくは「いきちがひくい」「ある反応を引き起こす刺激の最小値の値が低いこと」を意味する言葉です。

「閾値が低い」の概要

「閾値が低い」と言う慣用句の「閾値」とは何かを、まず詳細に説明します。

この「閾値」は元々は生物学・生理学や物理学・工学等で使われる専門用語で、「刺激が生体に反応を引き起こさせたり、何か特定の化学的・物理的反応が引き起こされる限界値、境目のこと」を指す言葉です。

例えば、空気中に一酸化炭素が1%の濃度になれば、人間は意識を失い命を落とすと言ったことや、ある感染症に対するワクチン接種が60%を超えれば集団免疫が形成されると言った場合の、1%や60%が「閾値」なのです。

以上の様に、生物学や物理学で使われていた「閾値」ですが、それが転じて現在では広く「閾値」「境目となる値」の意味として、ビジネスや日常生活などの場でも、この表現が使われる様になっています。

例えば、シェアーが25%となる売上高を確保することで、会社の利益が確保されるような場合には、会社が利益を確保できるか否かの業界シェアーの「閾値」は25%だと言う意味になります。

また日常会話でも、怒りを爆発させる限界を「怒りの閾値」と表現することもあります。

従って、元々の専門用語においても、転じてビジネスや日常会話で使われる場合でも「閾値が低い」とは、以上で記載した様な「閾値」が低いと言う意味です。

先の日常で使われる例で言えば、人はある程度まで我慢していて、それが限界を超えると怒りを爆発させる事になりますが、この我慢の限界には個人差が非常にあります。

そこで普通の人より、我慢が余りできずに、すぐに怒りを爆発させるような人のことを「彼は怒りの閾値が低い」などと、使われたりします。

「閾値が低い」の言葉の使い方や使われ方

「閾値が低い」の言葉は、以下の例文のように使われます。

・『ワクチン接種が50%に達した頃から、急速に感染症は収束に向かいました。この感染症の集団免疫が形成される閾値が低いのは予想外でした』
・『集団においては、クオーターの原理と言うのがあり、25%の人が賛同すれば、残りの人の多くも賛同します。すなわち多数決で過半数の賛成を得る閾値は低いと見る事も出来ます』
・『彼は怒りの閾値が低いので、常に怒り散らかしている印象があります』

「閾値が低い」の類語や言いかえ

「閾値」の類語としては「最小値」「ミニマム値」「極小値」「限界値」などが挙げられます。

従って「閾値が低い」は、「最小値が低い」「ミニマム値が低い」「極小値が低い」「限界値が低い」などと言い換えることが出来ます。

まとめ

「閾値が低い」とは、「ある反応を引き起こす刺激の最小値の値が低いこと」を意味する言葉です。

「閾値」の言葉は、元々は生物学や物理学の専門用語でしたが、現在では「限界値」と言う意味で、ビジネスや日常の場で広く使われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典