「限度」と「限界」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「限度」と「限界」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「限度」「限界」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「限度」とは?

「限度(げんど)」とは、「これ以上はないと限られている程度・範囲」「これ以上は耐えられないとする程度・範囲」を意味している言葉です。

「限度」の表現は、「一定の範疇(面積)を持つ程度・範囲」といったニュアンスを持っています。

例えば、「限度額まで銀行預金を下ろしました」「物事には限度というものがあります」などの例文で使えます。

「限界」とは?

「限界」とは、「これ以上の先(上)はないというギリギリの境界線・区切り・ライン」のことを意味している表現です。

「限界」の表現には、「面積のような範囲ではなく、これ以上先がないというライン(境界線)」といったニュアンスがあるのです。

例えば、「体力の限界までトレーニングをしています」「侮辱を繰り返し受けて、我慢の限界に達しそうでした」といった文章で使用されます。

「限度」と「限界」の違い!

「限度」「限界」の違いを、分かりやすく解説します。

「限度」「限界」はどちらも「これ以上はないということ」を意味している言葉ですが、「限度」という表現は「これ以上はない(これ以上は耐えられない)と限られている程度・範囲」のことを意味しています。

「限度」に対して「限界」のほうは、「これ以上の先(上)はないというギリギリの境界線・境目・区切り」を意味している違いを指摘できます。

「限度」とは「一定の面積(容積)を持つ範囲・程度」を意味していて、「限界」のほうは「これ以上先がない境界線・区切りのライン」を意味している違いがあります。

例えば、「気力の限界」という文章は「気力の限度」とは言い換えられないのです。

まとめ

「限度」「限界」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「限度」とは「これ以上はないと限られている程度・範囲」を意味していて、「限界」「これ以上先はないという境界・これ以上は我慢できない区切り」を意味している違いがあります。

「限度」「限界」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典