スポンサーリンク

「限界オタク」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「限界オタク」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「限界オタク」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「限界オタク」の意味

気持ち悪さ・痛々しさ・不気味さ・言語力(話し方)などが限界を超えているオタク。

「限界オタク」の解説

「限界オタク」は、2014年頃にTwitterで自然発生したネットスラングと考えられています。

「限界オタク」のネットスラングは、「際立ってヤバイ特徴や気持ち悪い雰囲気を持っているオタク」のことであり、「気持ち悪さや痛々しい感じが限界を超えている」というニュアンスを持っています。

2016年のはてな匿名ダイアリーに「つき合っていくのがキツいオタクの特徴」というエントリーが投稿されていて、その記事に「限界イキりオタク」というワードが使われています。

2016年頃から「限界オタク」のネットスラングが普及し始めましたが、「限界オタク」「気持ち悪さ・痛々しさ・不気味さ・語彙の貧困などが限界を超えているオタク」を意味しているのです。

「限界オタク」には、「人として維持すべき何かが限界を迎えてしまって、人間としての尊厳・自負心すらかなぐり捨てたオタク」といったニュアンスもあります。

「限界オタク」の使われ方

「限界オタク」というネットスラングは、「気持ち悪さ・痛々しさ・不気味さ・語彙の貧困などが限界を超えているオタク」を指して使うという使い方になります。

また「限界オタク」は他人を指示して使うだけの言葉ではなく、「自分自身を指示する自虐的な言及」でも使用されます。

例えば、「限界オタクとまともに友人として付き合うのは難しい」「俺は人目など気にせずに美少女キャラについて大声で語る限界オタクだ」といった例文で使えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典