「随所」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「随所」の意味

「随所」という表現は「至る所」「あちこち」という意味になります。

例えば、「彼女の仕草には随所に上品さが見えますね」と言えば、その人の仕草の至るところに上品さがある、という意味になります。

「街の随所に掲示板が設置されています」と言えば、「街のあちこちに掲示板が設置されている」という意味になるのです。

「随所」の読み方

「随所」の読み方は、「ずいしょ」になります。

小説などでよく使われる表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。

「随所」の表現の使い方

「随所」の表現の使い方を紹介します。

「随所」というのは「至る所」という意味です。

例えば、「街の随所にショッピングモールがあります」と言えば、それは「街のあちこちにショッピングモールがある」という意味になります。

あるいは、「随所に見られる光景」などと使われることもありますね。

これは「あちらこちらで見られる光景」という意味です。

例えば、秋になると紅葉などがとてもきれいですよね。

秋の風景があちらこちらで見られる場合も、「秋の風景が随所で見られます」などと表現できます。

「随所」を使った例文と意味を解釈

「随所」を使った例文とその意味を解釈していきます。

「随所」を使った例文1

「山の随所に木の実が落ちていました」

これは「山のあちこちに木の実が落ちていた」という意味になります。

秋になると、どんぐりや栗がたくさんなりますよね。

山に登ったらどんぐりや栗がたくさん落ちていた、などという光景を見たことがある人もいるのではないでしょうか。

あちらこちらに木の実が落ちていた、という場合は「随所」という表現が使えます。

秋になると紅葉の季節でもありますし、春は桜が綺麗ですよね。

そのような光景があちらこちらに見える場合も「随所」といえます。

「随所」を使った例文2

「この小説では随所に情緒のある表現が使われています」

小説を読んだとき、その光景が浮かびやすいストーリーはとても魅力的ですよね。

特に情緒のある表現があちらこちらで使われている場合、なかなか想像しやすい、イメージが湧きやすい、と感じる人もいるのではないでしょうか。

小説のあちらこちらにそのような表現が使われている場合、読みやすい、理解しやすい、と思うこともあるかもしれないですね。

「随所」の類語や類義語

「随所」の類語や類義語を紹介します。

「あちこち」

「あちこち」というのは「様々な場所で」という意味です。

「あちらこちら」と言われることもあります。

「至る所」【いたるところ】

「至るところ」というのは「ある範囲の中に多数見出される様子」という意味です。

「そこかしこ」と言われることもあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典