「隙のある女性」と「軽い女性」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「隙のある女性」と「軽い女性」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「隙のある女性」「軽い女性」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「隙のある女性」とは?

「隙のある女性」の意味と使い方について紹介します。

「隙のある女性」の意味

「隙のある女性」「すきのあるじょせい」と読みます。

意味は「異性からのアプローチに対して防御する意識が欠けている女性」です。

「隙のある女性」の使い方

「隙のある女性」は、異性からのアプローチに対して、けん制したり慎重な態度を取り、自分を守ろうとする意識が欠けている女性のことを言います。

その為に男性から見て「強く押せば思い通りになるかも」と思われてしまい、付け込まれてしまうのです。

天然な性格というだけではなく、自分の意思表示をはっきりとせず、ノリや雰囲気に流され易い女性です。

「隙のある女性」は、自分から相手に媚を売るのではなく、相手から誘われる、迫られるなど受動的なシーンに弱い女性に対して使われます。

「軽い女性」とは?

「軽い女性」の意味と使い方について紹介します。

「軽い女性」「かるいじょせい」と読みます。

意味は「軽率で浮ついた行動が目立つ女性のこと」です。

「軽い女性」の使い方

「軽い女性」は、軽率で浮ついた行動が目立つ女性のことを言います。

特に異性に対して、自分から積極的に自分からアプローチして、恋愛相手ではなく遊びとして付き合っても良いと思う傾向があります。

ノリが軽く、飲み会やイベントなど、異性から誘われればすぐにOKします。

自分から異性とスキンシップを求めることもあり、相手から勘違いされ易くなります。

「隙のある女性」と「軽い女性」の違い!

「隙のある女性」「異性からのアプローチに対して防御する意識が欠けている女性」です。

「軽い女性」「軽率で浮ついた行動が目立つ女性のこと」です。

まとめ

今回は「隙のある女性」「軽い女性」の違いをお伝えしました。

「隙のある女性は受動的な機会に弱い」「軽い女性は能動的に機会を作る」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典