スポンサーリンク

「障碍」と「障害」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「障碍」と「障害」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「障碍」「障害」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「障碍」とは?

「障碍」「しょうがい」または「しょうげ」と読みます。

同じ漢字を使用していても、読みが違うと意味が違います。

「しょうがい」と読んだ場合には2つの意味があります。

一つは、物事の進行や成し遂げることに支障を起こすことです。

たとえば、眠ろうとしているのに大きな音を立てられると、眠りの邪魔をされてしまいます。

運動会で「しょうがい物競走」というものがあります。

これは、ゴールまでの道のりにある邪魔になるものをうまくクリアしながら、ゴールに向かう競争です。

これらは、何かに支障を与えています。

こういった支障を起こすことが「しょうがい」です。

もう一つの意味は、心や体が十分に働かず、活動に制限があることです。

たとえば、脚が不自由だと走ることが難しくなります。

車椅子を使用しなければならないと、狭い所を通りにくくなることでしょう。

こういったことで活動に制限が生まれます。

このような状態を持っていることが「しょうがい」です。

「しょうげ」と読むと「障害」という意味や、仏教で悟りの妨げになるものという意味になります。

「障碍」の使い方

「しょうがい」と読んで使われることが多いです。

妨げになること、活動に制限があることを意味しています。

「障害」とは?

「障害」には2つの意味があります。

一つは、物事を進めたり、成し遂げたりすることに、支障が起こるようにすることです。

ある人と結婚したいと考えている人のことで考えてみます。

この人は結婚したいと考えているのですが、相手と身分の差があると周囲の人に反対されたり、持参金を用意できなかったりしていました。

こういった事柄が結婚を妨げています。

これら、結婚の妨げになっているものを「障害」といいます。

もう一つの意味は、心や体の機能が十分に働かず、活動に制限があることです。

心や体の機能が十分に働かない理由には、個人的な問題や環境などがあります。

個人的な問題では、不規則な生活や事故などがあり、環境では騒音などがあります。

「障害」の使い方

支障が起こるようにすること、活動に制限があることという意味で使用をします。

「障碍」と「障害」の違い

「障碍」「しょうがい」と読んだときは、「障害」と同じ意味です。

「がい」の字は「害」が一般的には使用されています。

「碍」は常用漢字表にない漢字です。

「害」の漢字を使用すると、その人が悪いイメージを与えてしまうという考えがあり、「障がい」と書くこともあります。

「障碍」の例文

・『障碍を持っている』
・『障碍によって活動が困難だ』
・『障碍をのりこえる』

「障害」の例文

・『胃腸に障害がある』
・『視覚に障害が出る』
・『障害があっても運動はできる』

まとめ

どちらの言葉も「しょうがい」と読みます。

この読み方をした場合は、2つの言葉が指していることは同じです。

一般的には「害」の字が使われており、「碍」は常用漢字表にはない漢字です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典