「雀荘」と「ネット麻雀」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「雀荘」と「ネット麻雀」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「雀荘」「ネット麻雀」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「雀荘」とは?

「雀荘」の意味と概要について紹介します。

「雀荘」の意味

「雀荘」は、「じゃんそう」と読みます。

意味は「麻雀をしたい人が集まる、認可を得た有料制の場所のこと」です。

「雀荘」の概要

「雀荘」は、正しくは「麻雀荘」と言い、麻雀をができる、許可を得た有料制の場所のことを言います。

「麻雀」は、日本の法律上風俗営業の一種に分類される為、「雀荘」を営業するには各都道府県の公安委員会から許可を受けなければなりません。

「雀荘」には幾つか種類があり、「セット雀荘」は仲間内で集まる場所であり、「フリー雀荘」は、個人で来店して見知らぬ者同士でプレイします。

「フリー雀荘」の場合はお金を賭けて遊ぶ「賭け麻雀」を行っているところが多く、風営法で禁止されている深夜営業をしているところもあります。

「ネット麻雀」とは?

「ネット麻雀」の意味と概要について紹介します。

「ネット麻雀」の意味

「ネット麻雀」「ねっとまーじゃん」と読みます。

意味は、「オンライン上でプレイヤー同士が麻雀の対戦ができるシステム」のことです。

「ネット麻雀」の概要

「ネット麻雀」は、オンライン上で、相手と麻雀ができるシステムのことを言います。

インターネット上のサイトから登録、プレイができます。

無料で対戦できるシステムもありますが、中にはポイント制やクレジットカード入金制など、賭け麻雀ができるものもあります。

また、無料対戦の場合、コンピュータが相手になることもあります。

「雀荘」と「ネット麻雀」の違い!

「雀荘」「麻雀をしたい人が集まる、認可を得た有料制の場所のこと」です。

「ネット麻雀」「オンライン上でプレイヤー同士が麻雀の対戦ができるシステム」のことです。

まとめ

今回は「雀荘」「ネット麻雀」の違いをお伝えしました。

「雀荘は認可を得た場所」「ネット麻雀はオンライン上」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典