「雑種犬」と「ミックス犬」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「雑種犬」と「ミックス犬」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「雑種犬」「ミックス犬」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「雑種犬」とは?

「雑種犬」の意味と概要について紹介します。

「雑種犬」の意味

「雑種犬」「ざっしゅけん」と読みます。

意味は「2種類以上の違う犬種が、自然に交配して生まれた犬のこと」です。

「雑種犬」の概要

「雑種犬」は、2種類以上の犬種が、自然な環境で交配して生まれた犬のことを言います。

昔の日本には、野良犬や放し飼いの犬も多く、いつの間にか交配して繁殖してしまった犬に対して使われました。

現在では、野良犬はほぼ見かけなくなりましたが、それでも「どの犬種が混じっているのか分からない」場合は「雑種犬」と呼びます。

「雑種犬」にもそれぞれの見た目や個性があり、地域や環境に適応していることから丈夫で飼い易いと言うイメージもあります。

「ミックス犬」とは?

「ミックス犬」の意味と概要について紹介します。

「ミックス犬」の意味

「ミックス犬」「みっすくけん」と読みます。

意味は「人工的に違う犬種を交配させて生まれた犬のこと」です。

「ミックス犬」の概要

「ミックス犬」は、2種類以上の犬種を人工的に交配させて生まれた犬のことを言います。

異なる犬種が混ざっているという点では「雑種犬」と同じですが、「ミックス犬」の場合、ペットショップやブリーダーなどで、人工的に掛け合わせているのです。

基本的に、親犬が純血種で個体がはっきりとしていることが多く、最初からそれぞれの犬種の特徴を受け継いで生まれることを期待されています。

例えば「チワワ」「ダックスフンド」を合わせた「チワックス」などは「ミックス犬」として人気があります。

「雑種犬」と「ミックス犬」の違い!

「雑種犬」「2種類以上の違う犬種が、自然に交配して生まれた犬のこと」です。

「ミックス犬」「人工的に違う犬種を交配させて生まれた犬のこと」です。

まとめ

今回は「雑種犬」「ミックス犬」の違いをお伝えしました。

「雑種犬は自然に交配」「ミックス犬は人工的に交配」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典