スポンサーリンク

「雑草」と「牧草」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「雑草」と「牧草」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「雑草」「牧草」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「雑草」とは?

「雑草」は人間が意図的に植えた植物ではなく、意図しない場所に勝手に生える植物です。

また、「雑草」は人間から見て有用な植物ではなく、意図的に増やす価値すらない草花をさします。

そのため、「雑草」はどこにでも存在する草花で意図しない場所に生息し、誰かが引っこ抜くという処理をしない限り増え続け本来人間が必要とする草花を侵食し栄養すら奪い去るのです。

「雑草」の使い方

「雑草」という言葉の使い方ですが、人間から見てまったく存在する価値がない草花に対して、「雑草」と表現することで不必要な草花であるとします。

「牧草」とは?

「牧草」とは、家畜などに与える資料で人間が意図的に増やし家畜に与えるえさとして用いる草です。

意図的に増やすという部分が「牧草」の特徴で、人間に対して有用であるが故「牧草」は人工的に増やすことができるのです。

「雑草」も意図的に増やすことができますが、利点がなく、周囲の植物の栄養を奪い去るため不必要な草花とします。

「牧草」の使い方

「牧草」は家畜のえさとして機能し、かつ人工的に増やす草に対して用いる言葉です。

人間が意図的に増やし、家畜のえさとすることが重要で、これに該当しない場合、「雑草」のほか「観賞植物」などがその他に挙げられます。

「雑草」と「牧草」の違い

「雑草」はどこにでも湧き出てくる草花で周囲の草花から栄養を吸収し育ちます。

「牧草」は人間が人工的に飼育することで繁殖し、家畜のえさとしますので「雑草」「牧草」の違いは人工的に作り出す草で人間に対して有効に働くかそうではないかです。

また、繁殖力という面にもいても違いがあり、「雑草」は人が手を加えなくとも繁殖し、周囲の草から栄養を奪いますが、「牧草」は人が手を加えて成長を促進させなければ、十分育つことができないという繁殖力にも違いがあります。

「雑草」の例文

・『雑草を抜く』
この例文は、不必要な草を引き抜くという例です。

「雑草」人間から見て不必要であるためこのような意味になります。

・『雑草魂を捨てるな』
この例文は、「雑草」のようにどこにでも繁殖し粘り強く生き抜けという文です。

「雑草」が持つ生命力の高さを表現した文章です。

「牧草」の例文

・『牧草を刈り取る』
この例文は、「牧畜」に使用する草を飼料とするために刈り取るという例です。

「牧草」は人工的に増やした草であり、「牧畜」に用いる飼料になります。

・『牧草が枯れる』
この例は、人工的に育てた、飼料が枯れたという例です。

おそらく、「飼料」としての成長を促進させる飼育を放棄したが故枯れたと思われます。

まとめ

「雑草」「牧草」の違いは、どこにでも生えるか人工的に成長させ飼料とするかが違いになります。

「雑草」は人間から見て無価値ですが、「牧草」は人間から見て「牧畜」に用いられるので有用な草です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典