スポンサーリンク

「離別」と「死別」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「離別」と「死別」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「離別」「死別」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「離別」とは?

「離別」には、2つの意味があります。

1つは、人と別れることです。

もう一つは、夫婦の関係を断って別れること、離婚のことです。

1つめの意味は、親子の別れ、友人との別れなどが含まれ、「幼いときに母と離別した」のように使用します。

「離」には、はなれる、別れるという意味があり、「別」には、わける、わかれるという意味があります。

「死別」とは?

「死別」には、しにわかれることという意味があります。

「幼時に父に死別した」のように使用をします。

「死別」の対義語は「生別」です。

「生別」には、互いに生き別れになっていることという意味があります。

「死別」の場合はこの世に存在していないので、もう出会うことはできませんが、「生別」の場合はこの世に存在しているので、出会える可能性があります。

「離別」と「死別」の違い

「離別」「死別」も別れることという意味が含まれていますが、2つの言葉の意味は違います。

「離別」の場合は、別れてしまう相手はまだこの世に生きています。

人と別れることを「離別」といいますが、特に離婚のことを「離別」ということがあります。

「死別」の場合は、別れてしまう相手はこの世に生きていません。

まとめ

「離別」「死別」は、別れてしまう相手がこの世に存在しているのか、存在していないのかの点が異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典